*ここがNG!!改善すべき眉メイク4ポイント

Pocket

こんにちは、よういちです。


今回のブログは、生徒さんからの質問が最も多い、
眉メイクについてお伝えしていきます。




普段は撮影のヘアメイク以外にもメイクスクールや個人レッスンで講師の
お仕事もさせていただいてます。



その際に、生徒さんからの質問で最も多いのが、”眉メイク”についてです。

なかなか思うように描けない!という人がとても多いようです。




そこで今回は、最も多いNGメイク4パターンと改善策について
お伝えしたいと思います。



これを参考にして、正しい眉の描き方を学んで下さいね!!



それではいきますよ。


下の図を参照しながら、読み進んで下さい。

①眉頭から描いてしまう
これがもっともやりがちな、NGパターンです。
これをやってしまうと、ものすごく不自然でインパクトだけが強い眉
になってしまいます。
眉頭を書くときは、かならず、0.5~1センチ空けて描き始めて下さい。
最後に空けた部分を、何もついて無いブラシか明るいベージュで
ぼかし込むことで、とても自然な眉に仕上がります。





②眉頭より眉尻を下げない
最近はやりの並行眉は、眉尻が下がってしまうと、
ものすごくバランスが悪くなります。
意図して下げる場合は別として、
眉尻は眉頭と同じか、やや高めのほうがバランスが良いです。





③ペンシルだけで仕上げない
ペンシルだけで仕上げてしまうと、空気感やナチュラル感がそこなわれ、
貼りついたような重たい眉に仕上がってしまいます。
ペンシルで描いた後は、眉シャドーをブラシにとって重ねながらぼかすように
して下さい。





④眉は角度をつけ過ぎない
ここ最近は並行眉が主流ですが、未だに眉山に角度をつけて描いている方
を見かけます。
すごく古臭いイメージに仕上がってしまうか怖いイメージになってしまい
ますので、気をつけましょう!!
眉を描き終わったら眉山の部分だけを削って、より並行眉に近づけるように、
やってみてくださいね。





以上、4つのNGパターンをあげてみました。



他にもたくさんのNGパターンはありますが、
この4パターンを直すことで、眉メイクがかなり改善されるのではないか
と思います!!



今回も最後まで読んでいただきまして、
ありがとうございます。

メイクアップで自分アップ!!選べる10のメイク教室を開催しています。
宜しければのぞいてみてくださいね。




皆様にとって今日が素敵な1日となりますように。

それではまた~

よういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。