*メイク崩れを簡単に、しかも効果的に直す方法(ベースメイク)

こんにちは、よういちです。

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。

今回はメイク崩れを簡単に、しかも効果的に直す方法(ベースメイク)というテーマ
でお伝えしていきたいと思います。

これからの季節は紫外線皮脂の増加により、せっかくきれいにお化粧したのに、
家に帰るころには見るも無残な状態になってしまった、、という経験をお持ちの方も
多いのではないでしょうか?

とくにファンデーションには基本的に油分が多く含まれているので、皮脂と混じり合う
ことによりファンデが崩れてしまうのです。

今回の記事ではメイク崩れの原因と、簡単でしかも効果的なお直し法を提案していきます
ので興味がある方は読み進んでみてくださいね。

※この記事はこんな方におススメです

・お化粧がすぐ崩れてしまう
・お化粧直しの方法が全く分からない
・皮脂の分泌が多くて困っている
・テカりやすい
・汗っかき
・何ですぐにメイクが崩れてしまうか分からない

もくじ

*なぜメイクは崩れてしまうのか

そもそもなぜメイクは崩れてしまうのでしょうか?
以下の原因が考えられます。

1:水分不足
意外かもしれませんが、化粧水の段階で十分な水分が補給できていないと地肌が乾燥し、
逆に水分を補おうと皮脂の分泌が盛んになり、化粧崩れに繋がります。

2:油分不足
こちらも意外かもしれませんが、化粧水の後の乳液やクリームが正しくつけられていないと、それが原因で乾燥や油分過多になり化粧崩れの原因になってしまいます。

3:化粧下地
ときどき化粧下地を付けない方もいらっしゃいますが、これは絶対にやめてください。
肌への負担や化粧崩れの原因になります。
くわしくはプロが教える化粧下地の選び方、使い方という記事をご覧ください。

4:ファンデーションのつけ方
ファンデーションは指やスポンジ、ブラシなど様々なツールで付けることが出来ますが、どのツールを使うにしても意識してほしいのが、厚塗りにならない塗りムラを避ける、この2つをつねに意識していただきたいと思います。
メイクの崩れが劇的に減ります。

5:パウダーのつけ方
ファンデーションの後に付けるフェイスパウダーはお化粧崩れを防ぐ役目がありますが、
細かい目の周り鼻周り髪の生え際などはついつい付け忘れてしまうものです。
その結果、皮脂の分泌を抑えられずに化粧崩れが起きてしまいます。
皮脂の分泌が気になるTゾーンや顎、鼻周り、目周りはとくに念入りに付けるようにして下さい。(※厚塗りは逆に化粧崩れの原因)

*目周りのお化粧直し法

お化粧崩れの代表格が目周りの崩れによるものです。

目の周りは涙をはじめ様々な分泌物がつねに出てます。
また目周りはさまざまな表情筋があり常に動いているので、メイクのヨレが特に激しい
部分でもあります。

(お化粧直し法)

①綿棒に乳液を取る

②目周りのヨレやくすみ、汚れに、①で用意した綿棒を当て拭き取る

③パウダーファンデをスポンジや小さなブラシにとる

④厚くならないように、少しづつ重ねづけする

乳液は水分と油分のバランスが絶妙でメイク落としの効果もあります。

クレンジングで落とすより、肌に優しいうえに素早く汚れをオフすることが出来るので、
敏感な目周りにはお勧めです。
とても簡単ですが、効果的な方法なので参考にしてみてください。

*鼻周りのお化粧直し法

鼻周りは皆さんもご存じのように、メイクのヨレがもっとも起きやすいエリアです。

皮脂の分泌が他の部位よりも圧倒的に多く、気が付くとメイクが無くなっていたりテカテカに崩れてしまったりします。

(お化粧直し法)

①ヨレている部分をティッシュで優しく押さえる

②皮脂とファンデが混じった残物がティッシュに付かなくなるまで繰り返す

③先ほど抑えた部分に美容液か美容液スプレーを塗布し、よく馴染ませる

④パウダーファンデをスポンジや小さなブラシに取る

⑤厚くならないように、少しづつ重ね付けをする

目周りのお化粧直しの場合と同じですが、古い皮脂やファンデの残りをきれいに取り去り保湿、その後ファンデを薄く重ねます。

それと無意識のうちに鼻を触ってしまう方がいらっしゃいますが、これもメイクのヨレに繋がるので、もし心当たりがある方は気を付けてくださいね。

*リップのお化粧直し法

リップはヨレてしまったり落ちてしまうことが多いパーツですが、ものを食べたり人と会話
しないわけにはいかないので、お直し法を知っておくととても便利ですよね。

そもそもリップメイクをする際にメイクを長持ちさせる方法があるのをご存じでしたか?

リップカラーを付ける前にお粉を付けておくこと!!



これだけでリップカラーが安定し、滲みも断然少なくなります。

(お化粧直し法)

①ティッシュで優しく押さえOFFする

②リップクリームやリップ美容液を付ける

③口周りが汚れてしまった場合は、綿棒に乳液を付け取り去る

④再度ティッシュで軽く押さえる(ベタつきをとるため)

⑤唇をパウダーで押さえる

⑥リップカラーを付ける

⑦持ちを良くしたい方はティッシュで軽く押さえ、再度リップカラーを付ける

リップカラーを直す場合に、そのままいきなり口紅を重ねてしまう方がいらっしゃいますが、乾いてヨレてしまった唇の上から色を重ねてしまうと、唇が荒れてしまうと同時に仕上がりがムラになってしまうのでやめた方が良いでしょう。

意外にも口元は、他人がよく目にするパーツでもあります。
くれぐれも汚く見えないようにチェックするようにしましょう。

*まとめ

いかがでしたか?

今回お伝えした方法は、わざわざクレンジングを使わなくて良いので、とても簡単でスピーディーな方法です。

肌にも優しいので、是非とも参考にしてみてくださいね!!

(関連記事)

では今回の”まとめ”になります。

まとめ

各パーツごとにメイク直しの方法が若干違いますので、自分の肌質と照らし合わせて
参考にしてみてくださいね。

おかげさまで好評をいただいている、

自分史上最高の肌を導きだす超美肌になるメイクレッスン

自分の魅力を最大限アップさせる魅力を2倍にするメイクレッスン

なども開催しています。

よろしければチェックしてみて下さいね。

ブログでメイクを上達し、女子力をあげたい!!
という方は別サイトのメイクのお悩み解決ブログもぜひご覧ください。

 

今回のブログが皆さんにとって役に立った!!面白かった!!

と感じていただけると、嬉しく思います。

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。