*あなたは大丈夫?老けメイク5パターンとその改善法

こんにちは、よういちです。

今回は老けメイクについてお伝えしていきたいと思います。

皆さんは誰かに言われたことがありますか?
”あなたメイクしない方が若く見えるね”という他人からの何気ない一言。

これって結構傷つきませんか?

ときどき私のメイク講座でも
老けて見られるのでほんとうに困ってます、、何とかなりませんか?という相談を
受けることがあります。

じつは、
この方々のスッピン顔を何度も拝見してますが、ほとんどの場合は顔自体は決して
老けてないという事なんです。

何が言いたいかと云うと、
”メイクによって老け顔に見えてしまっている”ということです。

とても残念に思います。

今回は老けメイクをしていることに気づいてない方も含め、老けて見られる方に向けて
どのようなメイクが老けメイクなのか?
どうしたら改善できるのか?

を具体的な改善法を交えながら、そこからの脱出方法を解説していきたいと思います!!

悩んでいる方は是非そのまま読み進んでくださいね。

※今回の内容はこのような方にお勧めです

*まだ若いのに10歳以上も年上にみられてしまう、、

*年下の彼氏がいるので若く見られたい、、

*いつも地味にみられてしまう、、

*肌が乾燥しやすくカサカサになりがち、、

*年上の旦那なのに、自分のほうが年上にみられてしまう、、

目次

①厚塗りのベースメイクになっていないか?

厚塗りは良くない!!という事を聞いたことがある人は多いと思いますが、ついつい
やってしまうのがファンデの厚塗り

ベースメイクとは不思議なもので自分ではそんなに厚塗りしていないつもりでも、
付けている途中で気になるシミあざほくろクマなどを発見してしまうと、
ついついカバーしようと一生懸命になってしまいます、、。

そうすると気が付いた時には手遅れ、、塗りカベ状態!!

結果的にメイクが崩れやすくなってしまうのと同時に、シワやたるみまで目立たせ
てしまいます。

これでは老けた印象を相手に与えてしまうばかりです。

改善法

とにかく肌質が残るくらいの薄付きに徹する事。

その後にカバーしたい目の下や頬の中心部、こめかみなど肌トラブルが多い部分にピンポイント重ね付けしてください。

それでもカバーできないようでしたらコンシーラーを重ねてください。
私個人としてはコンシーラーは指使いよりも平筆でパッティングをするようにつけると、
カバー力と定着力が抜群に良いです。

②カサカサで粉を吹いたような乾燥肌になっていないか?

乾燥肌の方が特に気を付けなければならないのが、粉を吹いたような乾燥肌のベースメイク
に仕上がっていないか?という事です。

肌が乾燥しているだけで見た目年齢がぐぅーんと上がり、もしかしたら10歳くらい年上にみられてしまうかもしれません。

また乾燥したベースメイクはシミやソバカス、クマなどをより目立ってしまうため、
注意が必要です。

改善法

ベースメイク前のスキンケアの段階でしっかりと保水保湿を行うようにして下さい。

オールインワン化粧品はとても優秀で、ベースメイクまで時短で出来る商品が
そろってますが、今現在オールインワンを使っている方で乾燥肌に悩んでいる方は、
化粧水→乳液→下地クリーム→リキッド(クリーム)ファンデやクッションファンデとい
うプロセスに改めてみてください。

下地クリームやファンデは少しツヤ感が出るものを使うと、肌に潤いとツヤが出て若々
しく見られるようになります。

③眉に角度がつき過ぎたり、細すぎないか?

ここ最近はだいぶ少なくなりましたが、眉頭から眉の中央部(眉山)に向かって角度がついている方が今だに根強くいらっしゃいます。

また、細眉の方もいらっしゃいます(とくに眉山→眉尻)が、このような眉の方は
どうしても大人っぽい雰囲気に見えてしまいます。

”この眉が好きでやっているんだからそれでいい!!”というかたはそれでも全く
問題ありませんが、もし老けて見られると悩んでいる方はやめた方が良いかも
しれません。

改善法

出来るだけ眉頭と眉山の高さに、差がでないよう水平に描いてみてください。
それだけでもかなり若々しく見えるようになります。

もう1点は眉山から眉尻が細くならないようにもう少し厚みを持たせること。

眉は相手に与える印象の70パーセントを占めているといわれています。
出来るだけ水平に近い自然な厚みのある眉を描くようにして下さいね。

④太いアイラインで目周りが真っ黒になっていないか?

太いアイラインは目を大きく見せるのにとても効果的!!と思い込んでいる方が
まだまだいらっしゃいますが、じつはその逆で目が小さく見えてしまいます。

太いアイラインは目が小さく見えるばかりでなく、老けて見られる老けメイク
なのです。

そして老けメイクは老けて見られるばかりでなく、メイク崩れも激しく目元が
汚い印象になるので、良いことなど何一つありません!!

改善法
アイラインを入れるときは、とにかく細くハッキリが基本です。

そのためにお勧めなのが、リキッドライナーのペン先でしっかりと目の際を埋める事!!

埋めるときはまぶたを軽く持ち上げ、ペン先が上を向くように下から上に向かって、点々とまつ毛の際を埋める要領で行ってください。

その時に絶対に太くならないようにするのがコツです。

ラインは細めですがハッキリと入れるようにして下さいね、それだけで目元がパッチリと
若々しい印象の目元にすることが出来ます。

⑤赤リップをやたらと乱用していないか?

流行りの赤リップは顔色を良くし肌もきれいに見えるので、若々しく見せるには
とてもお勧めなのですが、赤だったら何でもよい!!という訳ではありません。

赤リップの質感によっては時代遅れで未だに昔を引きずっている印象を与えてしまう
場合だってあります。

とくにマット系のリップは注意が必要です。

また人によっては、赤リップそのものが似合わない方もいらっしゃいます。
顔つきによって、赤がNGな方もいらっしゃるのです。

改善法
赤にも様々な色味質感があるのはご存じだと思います。

質感的にはシアーなものだと失敗も少なく若々しい口元に仕上がるので
お勧めできます。

ただシアーリップは取れやすいという欠点があるため、付ける→ティツシュ→付ける
という重ね付けを行うことでもモチがよくなります。

色味に関しては、とくに日本人の場合は、やや朱に近い赤のほうが違和感がなく肌に
しっくりと馴染みやすい傾向にあり、同時に若々しい雰囲気に仕上がります。

寒色系の赤は人によっては老けメイクに見えてしまうので注意が必要です。

⑥まとめ

ありがちな老けメイクパターン5つをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

もちろん老けメイクには他にもいくつものパターンもありますが、この5パターンを
改善することで、今までのメイクに比べて格段に若々しくなると信じています。

いつも老けて見られる、、という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは今回の”まとめ”になります。

まとめ

明日からでもチャレンジしてみてくださいね。笑

おかげさまで好評をいただいている、

自分史上最高の肌を導きだす超美肌になるメイクレッスン

自分の魅力を最大限アップさせる魅力を2倍にするメイクレッスン

なども開催しています。

よろしければチェックしてみて下さいね。

ブログでメイクを上達し、女子力をあげたい!!
という方は別サイトのメイクのお悩み解決ブログもぜひご覧ください。

 

今回のブログが皆さんにとって役に立った!!面白かった!!

と感じていただけると、嬉しく思います。

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。