*腫れぼったい一重、奥二重を今すぐ引き締めるアイメイク法

☆記事が面白かったらフォローをお願いします

こんにちは、よういちです。

今回はアイメイクに関しての記事となります。

あなたは今までに、

*まぶたが腫れぼったいので、いつも気分が落ち込んでしまう、、、
*まぶたが重くかぶさっているので、いつも眠そうに見られる、、、
*まぶたが重いので、どうしても目力が弱くなってしまう、、、

と感じた経験はありませんか?

もしそのようなお悩みを今でも感じているようでしたら、メイクによって改善させる
ことが可能です。

逆に今まで当たり前のようにやっていたメイク法が、腫れメイクをさらに助長させる間違ったメイク法だったとしたらどうしますか?

即刻、改善する必要がありますよね、。

今回の内容に興味がある方は、このままお付き合いくださいね。

もくじ

*一重まぶたで腫れぼったい人向けのアイメイク

腫れぼったい一重の方に効果的なアイメイク法をお伝えしていきます。

左の画像をご覧ください。

①まつ毛の間の線2に、アイライナーで埋めるように入れてください。

②目の際の線2~線1(アイホール)まで 中間色のシャドーを入れてください。
ぼかす時は車のワイパーの要領で、左右に動かしながら少しづつ 上にあがりながら
ぼかしてください。

③先ほどの②と同じ要領で目の際から濃い色を入れ始め、線3と線4の間の位置まで上がってきたらいったん目を開いてチェックします。
人によって瞼の形状が違うので、線3~4の間で自分に最も似合うところでフィニッシュしてください。

④Dの丸いところに明るいハイライトを置き、矢印のように左右に広げてぼかしてください。
より立体的な目元に仕上がります。

腫れぼったい一重の方は中間色をアイホールまで入れることにより、まぶたの腫れが軽減されますが、赤系やピンク系、強いラメ、膨張色である明るい色はまぶたをさらに膨らませてしまうので使わない方が良いでしょう。

*奥二重で腫れぼったい人向けのアイメイク

左の画像をご覧ください。

①アイラインが太くならないように、線2のまつ毛の間だけに入れていきます。

②中間色は目の際(線2)から線4の辺りまでぼかします。

③暗めの色は線2~4の目尻側だけにぼかすように入れます。
目を開いてチェックし強く入りすぎていたら綿棒でぼかし、もう少しインパクトを出したかったら再度目尻側だけに重ね付けをしてください。

Dの丸いところに明るいハイライトを置き、矢印のように左右に広げてください。

奥二重の場合は中間色を入れる範囲をやや少なめにしてますが、目を開いたときにもう少し色が入った方が良いと感じたら、一重の場合と同じように線1まで入れてもかまいません。

さらに、濃い色を目尻側だけに足すことで、目を開いたときに立体感奥ゆき感が出ると同時に、二重幅の間の不必要な発色が軽減されるので自然で立体的な目元に見せてくれます。

*色の選び方と引き締めメイクの裏技

腫れぼったい一重、奥二重のアイメイクのつくり方をお伝えしてきましたが、まぶたを引き締めて見せるのには色使いもとても重要になってきます。

肌のアンダートーンはイエローベースとブルーベースがある事は皆さんもご存じだと思いますが、アンダートーンに合わせてリップカラーを選ぶように、アイシャドー選びもアンダートーンを意識して選びます。

(色の選び方)

・基本的に明るい色またはパステル系は肌を膨張させて見せるのでNGです。

ブラウン系ベージュ系が基本色。アンダートーンに合わせて暖色系寒色系の色
 を選ぶようにします。
 場合によっては、ネイビーグレーオリーブなども効果的です。

・多少のツヤ感はOKですがツヤ感が強過ぎたりパール感があり過ぎると、肌が膨張して
 しまうのでより腫れぼったく見えてしまうので注意が必要です。
 お勧めの質感はややツヤを感じる質感セミマットくらいの質感です。

ピンク系サーモン系オレンジ系赤系のシャドーは腫れぼったく見えてしまうので
 上まぶたにはNGですが、目尻や下まぶたには可能です。

目元を引き締めるのに超お勧めのアイシャドーがこちらになります。

(引き締めメイクの裏技)

先ほどご紹介したアイメイク法でも効果を感じないかたは、、

漆黒のリキッドライナーでまつ毛の間を肌色が完全に隠れるまで埋め尽くす。
(※粘膜の部分には入れません)
その場合、ライナーの先端が上に向くように握り、指で瞼を軽く引き上げるとまつ毛の
根元部分が表面に表れてくるので、ラインを入れやすくなります。
このテクは自分で鏡を見るよりも他人が自分を見たときに、より効果的に見えるのが
特徴です。

・もう一つはアイホールにうっすらと影を入れる事。
つまり、マットなべージュやライトブラウンをブラシにとり、アイホールに沿って
うっすらと影を入れてください。
まぶたの腫れが一気に軽減します。
くれぐれも色が強くなり過ぎないようにしないと、不自然に見えたりお化粧が濃く
見えてしまうので注意が必要です。

*まとめ

いかがでしたか?

一重、奥二重で瞼の腫れに悩んでいる方は意外と多いものです。
今回お伝えした方法が皆さんにとって少しでもお役に立てると嬉しく思います。

(関連記事)

*超簡単!!アイシャドーの基本的なつけ方

*メイクのプロが教えるアイシャドー上達のコツ

*アイメイクが落ちて無残なパンダ目に、、その解決法!!

では今回の”まとめ”になります。

まとめ

ぜひ参考にしてみてくださいね。

おかげさまで好評をいただいている、

自分史上最高の美肌を導きだす超美肌になるメイクレッスン

自分の魅力を最大限アップさせる魅力を2倍にするメイクレッスン

なども開催しています。

よろしければチェックしてみて下さいね。

ブログでメイクを上達し、女子力をあげたい!!
という方は当サイトのお悩み解決ブログ”サイトマップ”もご覧ください。

 
気になる記事が見つかるかもしれません!!

今回のブログが皆さんにとって役に立った!!面白かった!!

と感じていただけると、嬉しく思います。

宜しければコメントもお待ちしております。

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。