*丸顔を即座に細く見せるメイク解決法!!(総まとめ)

こんにちは、よういちです。

今回は丸顔がいつも気になって、気になって仕方がない!!という方必見の
内容となっています。

あなたはこんな経験はありませんか?

カラダはそれほど太っていないのに、丸顔のせいで太って見られる、、、

顔が丸いせいで、顔が大きくみられてしまう、、、

今回はそんなお悩みで困っている女性に向けて即効性のある解決策、すなわち
メイクによる解決法をお伝えしていきたいと思います。

興味がある方はこのまま読み進んでくださいね。

もくじ

①ベースメイクで顔を引き締めて見せる方法

ベースメイクは顔の大半を占めるため、細くシャープに見せるには最も効果的な
部分になります。

注目すべき点は、ファンデを塗りはじめる起点の位置ファンデをのばす方向
なります。

まずはファンデの起点の位置から説明したいと思います。

上のイラストをご覧ください。

グレーで記されている部分が、下地クリームやファンデーションを最初に置く位置になります。

矢印で記されている方向に向かって顔の中央から輪郭側(外側)に向かって広げる
ことで、自然な立体顔に仕上げることが出来ます。

最初に付けた部分がいちばん明るく発色し、後に付く部分ほど薄付きになるため
だんだんと輪郭側のトーンが下がって見えます。

このつけ方は明るい部分から暗い部分へと自然なグラデーションになるため、
おのずと立体的な顔に仕上がってしまうわけです。

顔の輪郭側のトーンが下がるということは、それだけでシェーディング効果も
期待できるのです。

②シェードで顔を引き締めて見せる方法

次はブロンザーシェーディングパウダーを使って顔に影を付け、輪郭をシャープ
に見せる方法をお伝えします。

その前にチークシェーディングを同じにとらえている方がいらっしゃいますので、
その違いからお伝えしていきます。

この2つは目的がまったく違いますので、まずはそこをご理解下さい。

ではまず、チークの目的は何か?

答え:ニュアンス作りや血色感、透明感を出すために頬の中央にいれる

シェーディングの目的は何か?

答え:骨格作り

では話を元に戻して、
シェーディングで顔をシャープに、そして立体的に見せる方法をお伝えしていきます。

*頬骨の下(チークカラーの下)に細く短めに入れる
シェーディングは細く短めに入れるのが基本です。
位置的には、耳の一番上の部分と口角を結んだ線上に約2~3センチほどの長さで
細めに入れます。(目安なので人によって若干変わります)
ポイントはチークカラーが入っている範囲の下部にリンクするように入れると、とても効果的に仕上がります。

*額、こめかみの生え際にそって馴染ませる
額やこめかみの生え際に入れることで、額の広さや顔の横幅が狭まって見えるので、
小顔効果も抜群です。
この場所にシェーディングを入れる際は、ブラシを上下に動かすのではなく、髪の毛
の生え方に沿って、ブラシで生えぎわを埋める要領で行ってください。
顔が一気に引き締まって見え、小顔効果も抜群です。

*あご先からエラに向かってのシェードの入れ方

1ブラシにシェードパウダーをとったら余分な粉を落とす。

あご下の影になっている部分から、エラ下の影の部分に向かってシェーディング。

エラや丸みが気になる部分までシェードの範囲を広げていく。
(※ごくごく薄く入れないと、ヒゲのように見えてしまうので要注意)

※シェーディングで顔をシャ-プに見せる場合の注意点は、目の前の鏡だけで判断せず、
遠くに写った自分の顔も鏡でチェックする事。
斜めから見た場合や横から見た場合のシェードの入り具合もチェックしましょう。
(3面鏡や鏡を2つ使ってチェックするとよくわかりやすい)

肌馴染みの良いシェードアイテムになります。

マック(MAC) 公式ページはこちらから

ルナソル 公式ページはこちらから

③チークで顔を引き締めて見せる方法

チークの入れ方でも顔を引き締めて見せる方法があるので覚えておきましょう。

左のイラストをご覧ください。

チークの入れ方のポイントとして以下の3点が挙げられます。

*チークの形はこめかみに向かって斜め上に伸びる楕円形を意識することで、シャープなニュアンスや骨格を演出できる。

*外側の黒目の位置よりも内側に入らないようにすることで、チークの位置が外側に寄り、より引き締まった雰囲気にすることが出来る。

*通常のチークの位置よりも高めに入れることで、顔が長く見える。

※使うチークの色味は、ベージュ系ブラウン系が引き締まって見えやすいので
お勧めです。

(関連アイテム)
LUNASOLルナソル 商品ページはこちらになります

常盤薬品 NOV ノブ 商品ページはこちらになります

④ハイライトで顔を引き締めて見せる方法

シェーディングを行う際はハイライトも同時に入れると、立体顔をさらに効果的につくることが出来ます。

左のイラストをご覧ください。
ご覧いただけるとわかるように、頬骨の上の辺りで目尻の下あたりを中心に目頭側にも軽く伸ばします。

またTゾーンの辺りにもコンパクトに小さく入れるようにして下さい。

ほんのちょっとした部分にハイライトをサッと入れることで一気に顔も小さくシャープ顔にすることが出来ます。

自然な発色のハイライトはこちらになります。

ローラメルシエ フェイスイルミネーター 

⑤まとめ

丸顔にメリハリ感を付け、シャープ顔に見せるメイク法をお伝えしましたが、
いかがでしたか?

他にも顔をシャープに見せる方法はいくつかありますが、今回お伝えした方法を
取り入れることで、自分でも驚くほどの効果が期待できると思います。

ぜひお試しくださいね。

(関連記事)

→超簡単!!ファンデーションを使わずに美肌を手に入れる方法

→メイク崩れを簡単に、しかも効果的に直す方法(ベースメイク)

→クッションファンデの効果的な使い方と選び方!!

→小顔に見せるメイクテク、Q&Aあれこれ!!

それでは、今回のまとめになります。

まとめ

ぜひ参考にしてみてくださいね。

おかげさまで好評をいただいている、

自分史上最高の美肌を導きだす超美肌になるメイクレッスン

自分の魅力を最大限アップさせる魅力を2倍にするメイクレッスン

なども開催しています。

よろしければチェックしてみて下さいね。

また、自分にぴったりのレッスンをお探しでしたら選べる10のメイクレッスン

などもチェックしてみて下さいね。

(※コロナ対策も万全)
(※オンラインレッスンも可能)

 
超人気のアメブロこちらになります。

今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

ブログが面白かった!!役に立った!!という方は
フォローのほうも宜しくお願いします。

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。