*ノーズシャドーを正しく入れて、鼻筋のとおったスマートな女性に見せる方法

こんにちは、ヘアメイククリエイターひらかわよういちです。

今回はノーズシャドーについて色々とお伝えしていきたいと思いますが、皆さんはノーズシャドーは入れたことがありますか?

まったくやったことが無いかたも、結構いらっしゃるようですね。

私のメイク講座の受講者の方で、普段はノーズメイクをまったくやらない方がいらっしゃいますが、なぜやらないのかその理由を伺ったことがあります。

その結果、以下のような返答をいただきました。

*ノーズメイク自体をあまり知らない

*何となくケバくなりそうで手が出せない

*何となく難しそうなので今までやらずにきた

*普段あまり意識したことが無い

*自分の顔にはあまり必要性を感じない

などなど。

最後の答えの”自分の顔にはあまり必要性を感じない”と答えた方以外は、ノーズメイクの
重要さをお伝えできると思いますので、このまま読み進んでみてくださいね。

*ノーズメイクはなぜ必要なのか?

そもそもノーズメイクはなぜ必要だと思いますか?

鼻を高く見せる

立体顔をつくる

というのは何となくお分かりだと思いますが、それ以外にも目的があるんです。

何だと思いますか?

じつは、

・鼻の形を修正する目的

・眉と鼻につながりをもたせ、より自然な立体感をだす

という目的もあるんです。

ではこれから、”鼻を高く見せる”や”立体顔をつくる”のはもちろんですが、上に挙げた2つの
目的も取り上げながらノーズシャドーの効果的な入れ方お伝えしていきたいと思います。

ノーズシャドーには全部で4つのポイントがあります。

①~④までのすべてを、イラストを交えながらお伝えしていきたいと思います。

*ノーズメイク①の入れ方と目的

まずは左のイラストをご覧ください。

赤い丸で描かれているところが、ノーズシャドーを入れる際に起点となる最も重要なポイントになります。

目頭の斜め上に位置し、鼻骨が盛り上がり始める辺りになります。

まずは赤い丸の起点にノーズブラシを置き、①の矢印の方向にスライドさせます。
この動作の往復を何度か繰り返します。

この時①のノーズシャドーは上まぶたの目の形と平行に入れるようにすると、骨格に沿った自然なノーズシャドーの窪み部分をつくることが出来ます。

とくに顔の凹凸が少ない平たん顔の方にとっては、立体顔に見せるのに最も効果的なポイントとなりますのでぜひ押さえておいてください。

ブラシをスライドさせるときは手の力を抜いてサッサッと軽いタッチで往復させると、ふんわりとした抜け感のあるノーズシャドーを入れることが出来ます。

*ノーズメイク②の入れ方と目的

左のイラストをご覧ください。

今度は②のポイントになります。

先ほどの①の部分で骨格の窪みをつくれたら、次が②のポイントとなります。

先ほどと同じように、赤丸のポイントに戻りブラシを置きます。

ノーズシャドーは足さずに、先ほどのブラシの残りで矢印でしるされた②の眉頭の方向にスライドさせます。

この動作の往復を何度か繰り返します。

このポイントもブラシを握る力を抜いて軽くサッサッとスライドさせるように付けると、空気感のある軽い仕上がりになります。

最後は赤丸と①と②の間を埋めるように馴染ませると、眉頭から鼻の付け根に向かって自然でつながりのある立体眉と立体鼻が完成します。

*ノーズメイク③の入れ方と目的

左のイラストをご覧ください。

次は③のポイントになります。

ここは赤丸の起点から③の矢印のように下に向かっていれるノーズシャドーで、鼻筋の両サイドに入る影なります。

鼻筋が太かったり元々の鼻が大きい方などは、この③を入れるときに両サイドのシェードで鼻筋の幅を狭く

ることで、スマートで鼻筋の通った女性らしい鼻に見せることが出来ます。

ここの③のポイントに濃い色を使うと、どうしても違和感のある”いかにも描きました!!”といった仕上がりになってしまうので注意が必要です。

先ほどのポイント①②の色味と比べて、最も明るいシェードになるよう意識してください。

*ノーズメイク④の入れ方と目的

左のイラストをご覧ください。

最後が④のポイントになります。

イラストの④の矢印を見ていただくとわかると思いますが、小鼻の溝の始まり辺りと鼻すじのあいだから、鼻先の横を通って鼻先の真下に抜けるように入れていきます。

ここに入れるときはアルファベットのVのように入れるのがコツです。

鼻先にV状の影を入れることで鼻がすっきりと見え、団子鼻や大きな鼻で悩んでいる方も小さく鼻筋の通ったスマートな鼻に見せることが出来ます。

④に関しても自然な影に見せることが大事なので、③と同様に濃く入れ過ぎてしまわないようにくれぐれもご注意ください。

*まとめ

いかがでしたか?

ときどき、ノーズシャドーを入れるときに眉頭から内側にぼかし込んでいる方がいらっしゃいますが、眉頭からの直接のノーズシャドーは見た目の違和感はもちろんですが、眉間が詰まって見えてしまい何となく怖い印象、きつい印象を与えてしまいます。

先ほどお伝えした赤丸の起点からぼかす4つの方法で、自然でありながら立体的で鼻すじもきれいな洗練スマート女子に見せることができます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

(関連記事)
*鼻を高く美しく見せる、たった2つのポイント

*気になる顔の形を眉メイクでカムフラージュする方法!!

*苦手な眉メイクは、ここを改善するとイメージが激変!!

それでは今回の”まとめ”になります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

おかげさまで好評をいただいている、

自分史上最高の美肌を導きだす超美肌になるメイクレッスン

自分の魅力を最大限アップさせる魅力を2倍にするメイクレッスン

なども開催しています。

よろしければチェックしてみて下さいね。

ブログでメイクを上達し、女子力をあげたい!!
という方は当サイトのお悩み解決ブログ”サイトマップ”もご覧ください。

 
自分にピッタリの記事が見つかるかもしれません!!
 
 
アメブロでのメイクブログはこちらになります。

今回のブログが皆さんにとって役に立った!!面白かった!!

と感じていただけると、嬉しく思います。

宜しければコメントもお待ちしております。

ひらかわよういち

1人の購読者に加わりましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。