*眉メイク難民必見!! 眉バランス、ツール、描き方がわかる

こんにちは、ヘアメイククリエイターひらかわよういちです。

今回は、

眉メイクが苦手、、

眉でいつも失敗する、、

眉が直ぐに落ちてしまう、、

眉があか抜けない、

など、
眉メイクにいつも悪戦苦闘をしている方に向けて、眉メイク難民から脱出する方法
を分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

このブログを読めば、誰でもすぐにきれいな眉を描けるようになる!!
なんていう夢のようなお話ではありませんが、このブログを読むことで基本的で
重要なことがよく理解できる
ようになるので、効率的に眉メイクが上達出来る
ようになると思います。

興味がある方はこのまま読み進んでみてくださいね。

①眉バランスを知る

眉メイクにより、顔の印象の約80パーセントが決まる!!という話を聞いた
ことはありませんか?

80パーセントという数字がどこからきているかは私にはわかりませんが、
おそらく眉の形により印象が大きく変わる!!という事を伝えたかったので
はないかと思います。

実際に眉をキチンと描けるようになっただけで、

いきなりモテるようになった!!
周りからの評価がめちゃ良くなった!!

という方が私の生徒さんの中にも何人かいらっしゃいました。

それほど、眉を変えることには大きな意味があります。

まず大事になってくるのが眉のバランスを知るという事です。

ただ単に眉を描いているだけでは、バランス良くメリハリのある眉を描くことは
出来ません。

左のイラストをご覧ください。
Aの線は眉頭の位置を表しており、小鼻が丸く溝
になっている真上に眉頭が来るのを表しています。

BとCの線は眉尻の位置を表しており、小鼻の横
または口角目尻を結んだ線の延長に眉尻が来る
のを表しています。

通常眉尻はB,Cの延長線の間(矢印で表示)にくると、バランスが良いとされています。

次にD,Eの線は眉山の位置を表しており、黒目の真ん中と目尻の間辺りがちょうど
良いバランスとされています。

眉の形は眉頭、眉山、眉尻の3つのポイントを軸に決まってくるので、このポイント
がどのあたりにあるのかを知ることはとても重要なり目安となりますので、ぜひ覚え
ておいてください。

②眉メイクのツールを知る

眉メイクをするときに使うツールについてお伝えしていきたいと思います。

皆さんもご存じかもしれませんが、ツールは大きく分けてアイブローペンシル、アイブローパウダー、アイブローリキッドがあります。

それぞれの特徴と同時に、私が選んだおすすめの商品もお伝えしていきたいと思います。

*アイブローペンシルの特徴
メーカーによって若干の違いがあります。

芯が柔らかめの物は発色もよくスルスルと簡単に描けますが、とても落ちやすい
という欠点があるため、描いた後は上からパウダーシャドーやお粉を付けて固定
させる必要があります。

固めのペンシルは発色が悪く力を加えないと描けない傾向にあるため、皮膚が
弱い方や肌トラブルがあるかたにはあまりお勧めできません。
ただ柔らかめの芯にくらべて落ちにくい傾向にあります。

☆一押し商品
エクセル パウダー&ペンシルアイブロウEX PD02

ケイト ラスティングデザインアイブロウW N FL BR-3

*アイブローパウダーの特徴
3~5色が1つのパレットに入っており、さまざまな眉の色に対応できるようになって
います。

色をハッキリと出したいところは暗めの色を、ボカしたいところは明るめの色をつかう
事が出来るので、メリハリのある眉をいとも簡単に作ることが出来ます。

そのほか色どうしを混ぜ合わせることも出来るので、ほんとうに求めている色を
自分で作り出すことも可能です。

ブラシを使って描くので、空気感のある軽い仕上がりにも出来ます。

アイブローペンシルの後に上から重ねることで、眉メイクのモチも格段に良くなります。

☆一押し商品
ルナソル スタイリングアイゾーンコンパクト 01 Natural Brown  

☆モテ系女子を狙うなら
マキアージュ アイブロースタイリング 3D 60 ロゼブラウン

*アイブローリキッドライナーの特徴

色の発色がわるい部分、毛が少ない部分、抜けている部分、目尻側などにピンポイ
ントで1本1本描くことが出来ます。

下地としてもつかえるので、リキッドライナーを使った後に他のツールを上から
重ねることで、さらに
落ちにくい眉メイクが完成します。

また、眉メイクが剥がれて薄くなったところにもピンポイントで使えるので、
最後の仕上げお直しとしても使うことが出来ます。

☆一押し商品

インテグレート スーパーキープリキッドライナー& アイブロー ペンシル ダークブラウン

③眉の描き方を知る

眉を描くときに描きやすい順番があるのをご存じですか?

ただ闇雲に眉を描いてもまとまりが無いばかりか、ラインやシェイプまでも
なんとなくボヤけた眉に仕上がってしまいます。

どのツールを使う場合にも言えることですが、描く順番を決めることで自分の
描きたい眉に近づけることができます。

ではその方法を具体的にお伝えしていきます。

まずは下のイラストをご覧ください。

描く順番は①→④の順番に描いていきます。
分かりやすく言うと眉尻側を最初に描き、徐々に眉頭に向かって描くという方法です。

では詳しく説明します。

①の描き方
ここは眉山から眉尻にかけての部分になります。
下部の輪郭(赤線)からラインを定め、少しづつ上部の輪郭に向かって描いて
いきます。
この部分は余りぼかさずにハッキリと描くようにして下さい。

②の描き方
ここは眉の中間部にあたる部分で、眉の形を決めるのにとても重要な部分です。
自分が思い描いている眉のイメージを表現するときに、下部輪郭のライン(赤の
ライン)
をどのように描くかで、ラウンド眉か?ストレート眉か?下がり眉か?
などが決まってきます

下部のライン(赤線)が決まったら、そのまま上部の輪郭に向かって描きます。
上の輪郭も下の輪郭同様にイメージに合った眉になるよう意識してください。

③の描き方
ここは眉頭に近い部分なので、暗めの色よりも中間色~やや明るめの色のほうが
自然な雰囲気の眉に見せることが出来ます。
赤線の部分から描き始め、上下部の輪郭に向かってぼかすように馴染ませて
ください。

④の描き方
眉頭と③の上下の輪郭と④をしっかりとボカすように入れることで、透明感のある
自然な仕上がりになります。
ブラシで上手くぼかせない場合は、何もついていない綿棒やブラシで軽くなぞる
ようにぼかしてください。

上に挙げた3タイプのツールをミックスすることで、より落ちにくい洗練された
美しい眉に仕上げることができますので、ぜひお試しください。

☆一押しの眉ブラシ
熊野筆 北斗園 HBSシリーズ アイブロウブラシ(黒)

④まとめ

いかがでしたか?

眉バランス、ツール、眉の描き方についてお伝えしました。

それと髪の毛の色が明るめの場合、それに合わせて眉ペンシルやシャドーの色を
明るくしているようでしたら、眉マスカラも必ず使用するようにして下さい。

眉毛の長さを短くカットしている方はそれほど必要はありませんが、眉毛が長い
方は眉マスカラは必須となります!!
これをやることで眉毛の黒浮きもなくなり、より自然で透明感のある仕上がりに
なります。

(関連記事)

*ノーズシャドーを正しく入れて、鼻筋のとおったスマートな女性に見せる方法

*気になる顔の形を眉メイクでカムフラージュする方法!!

*苦手な眉メイクは、ここを改善するとイメージが激変!!

それでは今回の”まとめ”になります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

おかげさまで好評をいただいている、

自分史上最高の美肌を導きだす超美肌になるメイクレッスン

自分の魅力を2倍アップさせる魅力を2倍にするメイクレッスン

なども開催しています。

よろしければご覧下さい。

また、自分にぴったりのレッスンをお探しでしたら選べる10のメイクレッスン

などもチェックしてみて下さいね。

(※コロナ対策も万全)
(※オンラインレッスンも可能)

 
超人気のアメブロはこちらになります。

今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

ブログが面白かった!!役に立った!!という方は
フォローのほうも宜しくお願いします。

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。