*モテ顔は眉メイクでつくれる!! 0から学べるメイク法がこちら

こんにちは、ヘアメイククリエイターひらかわよういちです。

皆さんは眉メイクには興味がありますか?

以前にもお伝えしましたが、眉は相手に与える印象の80パーセントを左右します。

つまり眉の形により、相手に与える印象が大きく違ってくるという事です。

今回はモテ眉に焦点を当て、モテるために必要な眉メイクのポイントをいくつかお伝えして
いきたいと思います。

*いつも片思い、、

*女性にとして見てもらえない、、

*全くモテない、、

*今まで彼氏が出来たことが1度も無い、、

などにお悩みの方は、今回お伝えするモテ眉メイク法を取り入れることで、もし
かしたら世界が開けるかもしれません!!

興味があるかたは読んでみてください。

*モテる眉の形とは?

眉の形には様々な種類があります。

大きく分けて4つに分かれます。

ストレート眉

ラウンド眉

上がり眉

下がり眉

などがあります。

さらにもっと細かく分けると8つにわけることが出来ます。

以下のイラストをご覧ください。

この中でおすすめのモテ眉が、平行型(ナチュラル)、アーチ型(キュート)、
アーチ型(セレブ)の3つになります。

ではそれぞれの眉の形の特徴をお伝えしていきます。

平行型(ナチュラル)
ストレートな平行眉で若手の女優やモデルに多く、万人受けも良く最近最も人気の
眉ということが出来ます。
出来るだけ自分本来の眉毛を生かすようにしますが、必要な場合は眉を整える
ことも行います。
自分の眉をいじり過ぎないように整えるのが大事です。

アーチ型(キュート)

こちらも女優やモデルに人気の眉で、眉頭から眉尻までの長さが短めなのが
特徴的なラウンド眉です。
人によっては目じりの真上に眉尻をもってくる、かなり短めな眉にしている方
もいてキュートな印象を与えることが出来ます。
顔が横に広い人や顔が大きい人は、それに合わせて眉尻の位置もやや長めに
描いてバランスをとる必要があります。

アーチ型セレブ

こちらは眉に若干の角度がついた、アラフォーやアラフィフの方におすすめの大人の
女性の色気を感じさせる洗練された眉になります。
眉山から眉尻までの長さが上のキュート眉よりも長めですが、長すぎないので現代的
で洗練されたイメージです。
眉の輪郭はある程度はっきりと描き、眉頭はしっかりとボカすなど、メリハリ感が
重要になってきます。

*産毛処理のエリア

モテるには眉メイクが重要なカギを握っているのはお分かりだと思いますが、いまま
で眉のお手入れを1度もやったことが無い、、ということであれば、かなり厳しい
場合があります。

なぜならモテ眉をつくるには眉毛のシェイプ(ライン)がとても大事になってくる
からです。

そこでお勧めなのが、眉周りのムダ毛の処理です。

眉周りにはたくさんの産毛が生えており、このままの状態では上に挙げたような
モテ眉を描くことがとても困難です。

では一体どこのムダ毛を処理すればよいのか?

以下がポイントになります。

①眉毛と目の間のムダ毛
ときどきここの間に毛がポツポツと生えている方を見かけますが、やぼったい印象
に見えてしまうのでかならず処理をするようにして下さい。

②眉山の部分のとんがり
眉山の毛が発達していて角になっている方を見かけますが、男性的な印象に見えて
しまうので必ず処理してください。
ここが無くなるだけで一気に女子度がアップします。

③両眉の眉頭の間のムダ毛
ここにムダ毛があると個性的、男性的、変わった雰囲気に見えてしまうので、必ず
処理するようにしましょう。
両眉の眉頭の間のムダ毛をきちんと処理してあげることで、あか抜けた優しい雰囲気
変わります。

*モテ眉の色味

モテる眉をつくるには眉の色味も重要になってきます。

基本的には柔らかく見える暖色系のブラウンやオリーブブラウンなどがお勧めです
が、最もお勧めはピンクブラウンです。

ピンクが眉に入ってくることで表情が一気に和らぎ、やさしいオーラをまとった
魅力的な女性
に見えてきます。

眉シャドーとピンクのチークをまぜて、自分独自の色をつくってみてください。

色の調合によって見え方も変わるので、自分に最も似合うと感じた色を見つけ
てくださいね。

*ぼかす場所

眉は全体的にぼかしてしまうと、メリハリ感のないボーっとした印象になって
しまいますが、
ハッキリと描き過ぎてしまうといかにも描きましたというような、
抜け感のないフラットで重たい印象になってしまいます。

ではどうすればいいのか?

ハッキリと描く場所とぼかす場所を決めて行うことで、眉にメリハリ感
透明感を出すことが出来ます。

下のイラストをご覧ください。

グレーで塗られた部分はボカす場所で、それ以外はハッキリ目に描く場所になります。

矢印は眉の流れを表しているので、その流れに沿って1本1本植えるように描き足す
ことで、自分の眉を生かした自然で透明感のある眉に仕上げることが出来ます。

*眉マスカラ

いくら美しいメリハリのある眉を描いたとしても、自眉が真っ黒だと眉毛だけが
浮いて見える残念な仕上がりになってしまいます。

そのために必要になってくるのが、眉マスカラ!!

色の選定は眉メイクで描く色に近い色味を選んでください。

付け方のコツは以下になります。

①眉をブラシで梳かし毛並みを整える
(毛が少ないところ、多いところを把握する)

②毛流れと逆走するように眉マスカラを付けていく

③毛が少ない部分は少なめに付け、密集している部分は多めに付ける

④最後に毛流れに沿って眉マスカラを付ける

以上になります。

毛が少ない部分と密集している部分のつける量を変えることで、眉の色が均一な
仕上がりとなります。

*まとめ

いかがでしたか?

眉メイクでモテるには、形だけでなくいろんな要素が関係しているのがお分かり
いただけたのではないかと思います。

今回の記事により、少しでもモテる女性が増えると嬉しく思います!!

(関連記事)

*眉メイクを劇的に改善する3つのポイントとは?

*メイクがあか抜けない原因はここにあった!!

*10年前と同じ眉メイクをしていませんか?

それでは今回の”まとめ”になります。

是非参考にしてみてくださいね。

おかげさまで好評をいただいている、

自分史上最高の美肌を導きだす超美肌になるメイクレッスン

自分の魅力を2倍アップさせる魅力を2倍にするメイクレッスン

なども開催しています。

よろしければご覧ください。

また、自分にぴったりのレッスンをお探しでしたら選べる10のメイクレッスン

などもチェックしてみて下さいね。

(※コロナ対策も万全)
(※オンラインレッスンも可能)

 
超人気のアメブロこちらになります。

今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

ブログが面白かった!!役に立った!!という方は
フォローのほうも宜しくお願いします。

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。