*ふわふわ巻き髪を、1日じゅうキープする方法

☆記事が面白かったらフォローをお願いします

こんにちは、ヘアメイククリエイターのひらかわよういちです。

今回は巻き髪を1日キープする方法について、わかりやすくお伝えしていきたいと思います。

ウエーブやカールをつくるときに最も便利で効果的なツールが、ヘアアイロンになります。

ヘアアイロンは使ったことがありますか?

使ったことがある方はこんな経験があるかもしれませんが、巻き上りはとてもきれいだったのに、時間が経つにつれてどんどんとウエーブ伸び、夕方には何も無かったかのようにストレートに戻ってしまったという場合があります。

このようなことにならないためにも、カールキープのコツは知っておいた方が良さそう
ですね

それではプロセスごとに詳しく説明していきますので、興味がある方はこのまま読み進んで
ください。

このコツを知っているのと知らないのとでは、カールのキープ力に大きな差がでます。

<目次>

①巻き髪用スタイリング剤の選び方
・ミストタイプ
・スプレータイプ
・ジェルタイプ
・オイルタイプ

②カールキープをさらに良くするための裏技

③アイロンの効果的な巻き方

④まとめ

①巻き髪用スタイリング剤の選び方

まず巻き髪を行うときに使うスタイリング剤の種類ですが、大きく分けて4種類に分けられます。

・ミストタイプ
・スプレータイプ
・ジェルタイプ
・オイルタイプ

それぞれに特徴があるので、タイプごとに使い方や仕上がり感、お勧めの商品なども紹介していきたいと思います。

ミストタイプ
液体状のスタイリングローションで、シユッとスプレーするだけなので超簡単、髪全体にも広げやすいのでとても便利です。
付けすぎてしまうと髪の毛がしっとりと濡れてしまうので、その場合はドライアーで乾かしてからコテで巻くようにしてください。
仕上がりは自然で軽い仕上がりになります。

おすすめの1品:カールエックス グラマラスカール 150ml

スプレータイプ
ローションタイプよりもさらに霧が細かいので、より均等に付けることが出来ます。
細かい霧で髪の毛の表面のキューティクルを優しくカバーし、コテの熱から髪を守って
くれます。
髪の毛が濡れにくいので、付けたらすぐにコテを使えるのも特徴の1つです。
巻く前と、巻いた後の両方に使用することで、より効果を高めることが出来ます。

おすすめの1品:ロレッタ(Loretta) ロレッタ フワフワシュー 180g

ジェルタイプ
手のひらで馴染ませることで液状に変化するので、髪に付けたときの伸びがとても良い。
スタイリング剤で髪が湿っている場合は、ドライアーで乾かしてから巻くようにするとより持ちがよくなります。
ジェルタイプはキープ力が抜群なので、天気の悪い日や風が強い日の強い味方になります。

オイルタイプ
髪の毛に適度なツヤと滑り感をあたえ、アイロンの熱から髪を守ってくれます。
傷みやすい毛先を中心に付け、残りを髪全体に馴染ませていくので、パサつきやすい髪や乾燥毛の方には特におすすめです。
毛先までしっとりと潤った質感になります。

おすすめの1品:【X2個セット】 ミルボン プレジュームドロップ 1 100g

②カールキープをさらに良くするための裏技

カールのキープ力を良くするためには、スタイリング剤がとても重要だという事がお分かりになったと思いますが、そのほかに重要なプロセスがあります。

それがブロードライです。

通常はスタイリング剤を付けてすぐにコテ巻きを行いますが、ブローで伸ばしてからコテで巻くと、根元からの自然な立ち上がりと共に毛並みの整った美しいウエーブに仕上げることが出来ます。

要は、ブローしないで巻くと毛並みが整っていない状態で巻くことになり、これが原因でカールがとれやすくなるという訳です。

逆を言うと、毛並みが整った髪をコテで巻くと美しいウエーブに仕上がると同時に、モチも良くなるという事です。

このひと手間が、カールのモチを左右すると言っても過言ではありません。

③アイロンの効果的な巻き方

上に挙げた①、②のプロセスを行った次がアイロン(コテ)の巻き方になります。

アイロンは巻き方を少しだけ工夫をすることで、よりウエーブのモチが良くなります。

時々アイロンを毛先から巻き込み、そのまま根元のほうへ巻き込んでいる方を見かけますが、この巻き方だと毛先が最も強く根元に近づくにつれて弱くなってしまうため、根元がぺったんこで毛先だけにカールが残った不自然なウエーブになります。

基本的には以下の順番で巻くようにすると、自然で適度なツヤとボリューム感のあるウエーブをつくることが出来ます。

1.巻きたい部分の毛束を反対の手で持つ。

2.クリップを開き、毛束の根元を挟んでから毛先まで均一に熱を伝える。

3.アイロンを立て気味に毛束の中間部を挟みそのままコテを一周させ、毛束をコテに巻き付ける。

4.3の過程を繰り返し行い、毛先がクリップに入り込むまで行う。

5.毛束とアイロンが緩むようにクリップをカチカチと動かしながらアイロンを毛束から抜いていく。

6.巻き終わったら手ぐしでほぐす。

アイロンの巻き方は内巻き、外巻き、ミックス巻きがあるので、目指すスタイルに合わせて
上手に使い分けるようにしましょう。

④まとめ

いかがでしたか?

ウエーブは自分の求めるスタイルによって使うスタイリング剤を決め、モチを良くするための下準備、そしてキープ力を高める巻き方が分かったのではないかと思います。

皆さんも是非1度お試しください。

(関連記事)
*自分に合ったヘアカラーの見つけ方(アンダートーン別に解説)

*髪や肌を火傷させないただ一つのヘアアイロン!!

*ドライアーを使うだけで髪の毛をツヤツヤにする方法

それでは今回の”まとめ”になります。

<まとめ>

①巻き髪用スタイリング剤の選び方
・ミストタイプ
・スプレータイプ
・ジェルタイプ
・オイルタイプ

②カールキープをさらに良くするための裏技

③アイロンの効果的な巻き方

是非参考にしてみてください。

おかげさまで好評をいただいている、

自分史上最高の美肌を導きだす超美肌になるメイクレッスン

自分の魅力を最大限アップさせる魅力を2倍にするメイクレッスン

なども開催しています。

よろしければチェックしてみて下さいね。
(※コロナ対策も万全)
(※オンラインレッスンも可能)

ブログでメイクを上達し、女子力をあげたい!!
という方は当サイトのお悩み解決ブログ”サイトマップ”もご覧ください。

 
自分にピッタリの記事が見つかるかもしれません!!
 
 
 
超人気のアメブロこちらになります。

今回のブログが皆さんにとって役に立った!!面白かった!!

と感じていただけると、嬉しく思います。

☆読者登録もよろしくお願いします。
(下にスクロールすると登録ボタンがあります!!)

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。