*アイシャドーだけで目元を7歳若く見せる方法

こんにちは、ヘアメイククリエイターひらかわよういちです。

今回は、
最近目が窪んできたせいか、老けて見られることが多くなって悩んでいる、、
という方に向けて、7歳は若く見えるアイシャドーテクニックをお伝えして
いきたいと思います。

毎回ブログでもお伝えしていることですが、顔の印象を変えるには全部の
パーツメイクを一生懸命頑張る必要などまったくありません。

ほんの”ちょっとしたところ”を変えてあげるだけで十分なんです。

今回はアイシャドーのつけ方を少し工夫することで、目元が一気に若返って
見える効果的なメイク法になります。

興味がある方はこのまま読み進んでくださいね。

合わせて読むと便利なサイトはこちらです。

①アイシャドー前の下準備

アイシャドーを付ける前に行った方が良いプロセスがあります。

皆さんもご存じだと思いますが、メイクが崩れやすい方がいきなりアイシャドーを
まぶたに付けてしまうと、肌の乾燥や崩れ、くすみなどが後々起きてきます。

なので下準備はとても重要です、きちんとやっておきましょう!!

では具体的な前準備とはいったいどんな事でしょうか?

*保湿(まぶたの乾燥防止)

*下地、アイクリーム(シャドーの発色やモチが良くなる)

*ファンデーション(まぶたの肌色のきめを整える)

*コントロールカラー(肌のくすみ取り)

*フェイスパウダー(シャドーの馴染みが良くなる)

これらの下準備はとても基本的なことになりますが、アイシャドーできれいな目元を
つくるためには絶対に必要なプロセスとなりますので、必ず済ませておきましょう!!

(今まで、いきなりアイシャドーを付けていた方は要注意!!)

②上まぶたのアイシャドー

では実際にどのようにアイシャドーをつけるのが、若々しい目元に仕上げるのに
効果的なのでしょうか?

その前に、
目元が老けて見える方にありがちなアイシャドーパターンとして、以下のような
特徴があります。

*マットな目元

*暗めのアイシャドー

*ツヤ感が無いか、またはラメ感が強すぎる

*色のグラデーションが不自然

ではこのパターンに注意しながら、若々しい上まぶたのアイシャドーテクを皆さんに
お伝えしていきたいと思います。

まずは下のイラストをご覧ください。

①パール感のあるやや明るめのベージュ系、コーラル系、ピンク系のシャドーを指または
ブラシにとり、上のイラストのように目の際の太い線から赤いアイホール(クリース)
の線までジグザグと車のワイパーのように少しづつぼかし込んでください

②もう少し目にインパクトが欲しい方は、やや暗めのブラウンやオリーブブラウン、バーガンディーなどの締め色を二重の線あたりまでぼかし込んでください。
(①の色と自然に馴染ませるのがコツ)
この時、まつ毛の間を埋めるように小範囲にアイシャドーをぼかすと、派手にならずに目元をしっかりと大きく見せることが出来ます。

③Cの部分には①,②のシャドーとの対比としてハイライトを使用します。
ハイライトの色は白よりもオフホワイト、ベージュ、シャンペンカラーなどが肌馴染みも
良く自然です。
付ける範囲は先ほどの上まぶたに入れたシャドー部分に接するくらいの範囲まで入れるようにすると、自然で立体感のある仕上がりになります。

④さいごにアイホールの中央部(まぶた中央部)だけに指でハイライト(③で使用した色)を付け、小範囲にポンポンと馴染ませます。
くぼみがちな目元がハイライト効果により、ふっくらと発光した若々しい目元に
なります。

③下まぶたのアイシャドー

下まぶたのアイシャドーは普段どうしてますか?

全く付けない!!ということであればとても損をしていると思います。

なぜなら、下まぶたのアイシャドーは若みえ効果にとても大きな影響を与えるからです。

では具体的な下まぶたのアイシャドーテクにいきます。

*目頭下の部分はパール感を抑えたハイライト

目頭下にハイライトを入れる方は多いと思いますが、やり過ぎると大人のメイクというよりギャルのお姉さまのようになってしまうので、パール感を抑えたハイライトを入れるようにしてください。

この時に目頭をくの字に入れてしまう方がいますが、そうではなく目頭の下だけというのがポイントです。
ここに光が集まることで、瞳がキラキラと光りかがやく生き生きとした目元に見えます。

*下まぶたの中央にもハイライト
下まぶたの中央にもピンポイントでハイライトをいれることにより、光の反射が眼球に
反映されるため透明感とwet感がでて、とても魅力的に映ります。
ここで使用するハイライトは、ラメ感や大粒のパール感があるものを使用すると
素敵です。

*下まぶたの目尻側にシャドー
下まぶたのシャドーは基本的に濃い色を使いすぎるとメイクが濃く見えてしまうので、
目尻側だけに使うのがお勧めです。

色は上まぶたに使った色を使うか、洋服の色や小物に合わせてピンポイントで使うのもお勧めです。

④まとめ

今回お伝えした方法はすべての方に当てはまるわけではありませんので、自分の顔
や肌色、服装に合わせて部分的に取り入れるのが良いと思います。

アイラインのことにも軽く触れると、リキッド系でガッツリと入れるよりも、
パウダーシャドーでふんわりとアイラインを入れることで、目にインパクト
をだしながらも若々しく自然な雰囲気に仕上げることが出来ます。

気持ちは分かりますが、強すぎるアイラインは老けメイクの典型なので、
避けた方が良さそうです。

(関連記事)

アイシャドーの入れ方が最初からわかる!!簡単でキレイに入れる方法
超簡単!!アイシャドーの基本的なつけ方

では今回のまとめになります。

是非参考にしてみてくださいね。

おかげさまで好評をいただいている、

自分史上最高の美肌を導きだす超美肌になるメイクレッスン

自分の魅力を2倍にアップさせる魅力を2倍にするメイクレッスン

なども開催しています。

よろしければご覧ください。

自分にぴったりのレッスンを探すなら選べる10のメイクレッスン

もチェックしてみて下さいね。

(※コロナ対策も万全)
(※オンラインレッスンも可能)

 
超人気のアメブロこちらになります。

今回も最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございました。

ブログが面白かった!!役に立った!!という方は
フォローのほうも宜しくお願いします。

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。