*知っていると得をするコラーゲンのメリット、デメリットとは?

こんにちは、ヘアメイククリエイターひらかわよういちです。

今回は美肌をつくるのに欠かせないコラーゲンについての記事となります。

皆さんはコラーゲンを取り入れる際の正しい基礎知識や使い方をご存じですか?

使い方を間違えると効果的に働かないどころか、いろいろなトラブルが発生して
しまいます。

今回はコラーゲンについて、知っておくと得をする簡単な知識と効果的な使い方
について皆さんに分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

もしかしたら今までの自己流のやり方や摂取の間違いに気が付くかもしれません。

*コラーゲンとはどんな成分か?

多くの方が1度は耳にしたことがあるコラーゲンですが、いったいどんな成分か知って
ますか?

肌がプルプルになる、若返る、ハリ感が出るなど、美肌成分の一種であることは皆さんもご存じだと思います。

ではコラーゲンについて、もう少しだけ詳しくお伝えしたいと思います。

コラーゲンの特徴

 *たんぱく質 の一種で、体を構成している全たんぱく質の約30%を占めている

全コラーゲンの約40%は皮膚に存在している

約10~20%は骨や軟骨に存在

血管や内臓にも分布

*体の内側から他の組織を支え、細胞や組織を結びつけ、外との境界をつくる働きがある

*皮膚ではコラーゲン同士が強く結びついたコラーゲン線維が形成され、皮膚の弾力を
保っている

*体内のコラーゲン量は、20歳をピークに年々減少

*肌とコラーゲンの関係

次に肌とコラーゲンの関係についてお伝えしていきたいと思います。

下の図をご覧ください。

この上の図からも分かるように、真皮コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンからなり、
それらを作り出すのが線維芽細胞です。

コラーゲンはまるでネットのように網状に連なっており、弾力性に富んだ繊維状の組織です。
その繊維をつなぎとめるフックの役目を担っているのがエラスチン、その隙間を埋めているゼリー状の物質がヒアルロン酸です。

コラーゲンは20種類のアミノ酸の組み合わせにより成り立っており、様々な型が確認されていますが、Ⅰ型・Ⅳ(4)型・Ⅶ(7)型のコラーゲンはとくに肌のハリや弾力に必要不可欠な存在です。

通常コラーゲンと呼ばれているのはⅠ型コラーゲンのことを言い、繊維や膜を形成したり、
表皮と真皮を繋げる役割も果たしています。

一方、Ⅳ(4)型やⅦ(7)型のコラーゲンは、両方とも表皮と真皮をつなぐ膜を形成しており、
この基底膜が整った状態が若々しい美肌を保つ為に重要だと言われています。

*コラーゲンのデメリット

スキンケアの際にコラーゲン入りの化粧品をたっぷり使うと、何となく肌のコラーゲン量
が増えたような気持になりませんか?

実は、どんなにコラーゲン化粧品をたっぷりと付けたところで、コラーゲンの量を増やすことは出来ません。

成分の分子が大き過ぎるからです。

ただ、全く効果が無いわけではありません。
表皮を保湿することは角質を潤すことにもつながるからです。

次に口から摂取するコラーゲンについてお伝えします。

こちらもたくさんの量を摂っても体から排出されてしまうので、あまり意味はありません。

※1日の目安は5~10グラム

摂り過ぎは逆に体への悪影響が心配になります。

例えば、

*コラーゲンは高脂質なものが多いので、ニキビや体重増加につながる

*胃で分解され排出されなかったアミノ酸は脂肪となり、セルライトが出来る原因となります

*排尿が上手くいかなくなり、むくみ頭痛が出やすくなります

*コラーゲンの正しい使い方、摂り方

では、どのようにすればよいのでしょうか?

まずは塗るコラーゲン(スキンケア)について。

コラーゲン美容液を例にとると、まずは洗顔→化粧水→コラーゲン美容液→乳液(クリーム)の順に付けていきます。(メーカーによって違う場合もあります)

付けるときは両掌に軽く馴染ませたら、顔全体を優しく包み込むようにハンドプレスしながら馴染ませてください。

コラーゲン配合の化粧品を付けると肌のコラーゲン量が増える!!と思っている方は少なくないようですが、先ほどお伝えしたようにコラーゲンは分子がとても大きいので真皮まで到達させることは出来ません。

ではどんな効果があるのか?

角質層を潤わせる効果があるので、しっとりと潤った感触を味わうことが出来ます。

「アテニア」ドレスリフト~肌が感じる本当の価値~

つぎにコラーゲンを摂取する場合について。

コラーゲンの摂取量は1日当たり5~10グラムが適量です。

以下が正しい摂取方法になります。

①適量を守る。

②コラーゲンの働きを助けるビタミンCと一緒に摂る。

③紫外線でダメージをうけた皮膚のコラーゲン再生には、プロリンという成分が含まれる
 緑茶、チーズ、トマト、昆布、卵、鶏肉などと一緒に摂ると効果的。

④寝る前に摂取する。

是非参考にしてみてください。

*まとめ

以上になります。

コラーゲンについていかがでしたか?

今まで自分が知っていた情報と比べてどんな印象を受けましたか?

知っていると役に立つ情報なので、参考にしていただけると嬉しく思います。

(関連記事)

*知っておきたい、40代50代からの正しいスキンケア!!

*日焼け防止は老化防止!!PAとSPFをもっと学ぼう

*繰り返す大人ニキビをSTOP!!原因と対策

それでは今回の”まとめ”になります。

おかげさまで好評をいただいている、

自分好みの美肌を効果的に導きだす超美肌になるメイクレッスン

自分の魅力を最大限に引き出す方法が分かる魅力を2倍にするメイクレッスン

なども開催しています。

自分にぴったりのレッスンを探すなら選べる10のメイクレッスン

もチェックしてみて下さいね。

(※コロナ対策も万全)
(※オンラインレッスンも可能)

 
 
 
超人気のアメブロこちらになります。

今回のブログが面白かった!!役に立った!!

というかたはフォローボタンポチッとおねがいします。

(下にスクロールするとフォローボタンがあります!!)

よろしくお願いします。

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。