*初心者におすすめ!!眉メイクを簡単&効果的に描く方法

こんにちは、ヘアメイククリエイターよういちです。

今回は眉メイクについて解説していきたいと思います。

眉メイクに関しては常日頃からたくさんの質問を受けますが、最も多いのが
描き方がどうしても分からない、、というものです。

なりたいイメージの眉は想像できていても描き方が分からないとなると、
手も足も出ない状態になってしまいます、、。

そこで今回は、メイク初心者の方、または眉メイクがどうしても苦手、、という方に
向けて、簡単でしかも効果的な眉メイクの方法をお伝えしていきます。

難しいテクニックなどはいっさい行いませんので、お気軽に読んでみてくださいね。

①眉バランスを知る

眉は眉頭、眉山、眉尻の3つのポイントから構成されているのはご存じですか?
この3つのポイントがどこにくるかによって、顔の雰囲気が大きく変わります。

では上のイラストをご覧ください。

眉頭

線Aで表されているのが標準的な眉頭の位置の見つけ方になります。
基本的に小鼻の溝のやや内側から真上にむすんだ線が眉頭になります。


眉尻

線Bで描かれているのが眉尻の標準的な見つけ方になります。
基本的には小鼻の溝と目尻を結んだ線の延長上に眉尻が来るといわれています。
人によっては線Cのように口角と目尻を結んだ線の延長上に眉尻を置く場合もあります。

線Cの場合は顔の幅がやや狭めの方や直線的な平行眉が好きな方にお勧めです。
人の顔は各々様々なので、線B~線Cの間で自分が最も好きな部分を眉尻に設定
してください。

眉山

眉山は基本的に線D~線Eの間にくるように設定してください。
線Dは黒目の真ん中の垂直線、線Eは目尻の垂直線になります。

眉山は人によって違ってくるので、自分の眉毛の生え方をよく観察し、最も自然に
見えるところを眉山のポイントに置いてください。

②毛が濃い部分、薄い部分でツールを変える

次は眉毛の生え方の濃淡により、使うツールを変える方法を学びましょう。

眉をよく観察すると分かると思いますが、毛が密に生えている部分とそうでない部分、
つまり濃い部分と薄い部分がある事に気が付くと思います。

多くの方がやりがちな失敗を挙げると、眉全体をすべてを同じように描いてしまうというやり方です。

これをやってしまうと、薄い部分はよいのですが濃い部分は濃くなりすぎてしまい、仕上がりがとても不自然で、いかにも描きました!!という仕上がりになってしまいます。

※この様になるのを防ぐためには、まず毛が薄い部分から先に描きます。

眉毛が薄い部分を描くのに最適なツールには、以下のようなペンシルタイプ
リキッドタイプがあります。

ツールのくわしい詳細は以下になります、ご確認ください。

 

 

では付け方のプロセスになります。

プロセス①

毛が無い部分も含めて、1本1本毛を植えるように描いてください。
この時、毛が密集している部分は一切描かないこと。
もし眉尻の毛が無い方は、1本1本描いた後に眉の輪郭をはっきりと描いて
ください。

次に眉毛が密集している部分を描くのに最適なツールが、以下のような
パウダーパウダータイプです。

ツールの詳しい詳細は以下になります、ご確認ください。

 

全部で5つの色が組み合わさっているので、自分で好きな色にブレンドすることができ
たいへん便利です。

パウダータイプはふんわりとぼかしたりシャープに描いたりと、色々な用途に使える
のでお勧めです。

それではプロセスの説明にいきます。

プロセス②

先ほどの①の後に行うプロセスで、眉用シャドーを使って描いていきます。
眉用ブラシにシャドーをとり、毛の流れに沿って1本1本描いていきます。
色味は髪の毛と同じ明るさか、1~2トーン明るめの色をチョイスしてください。
眉頭は他の色よりも明るい色を使うと、透明感のある自然な仕上がりになります。

③ぼかす場所を知る

眉をシャドーで描いた後に行うのが、輪郭のボカシです。

上のイラストをご覧ください。

眉パウダーで描くときの順番を①~④で表しています。
分かりやすく言うと、眉尻から眉頭にむかって順番に描いていくという事です。

なぜそのように描くのか?
眉尻側から描いた方がバランスがとりやすいためです。

次にぼかしの方法です。

上のイラストからわかるように、ぼかしのポイントが以下になります。

*眉頭から5ミリくらいをぼかす

*眉の上部輪郭は眉の長さの3分の1~2分の1程度ぼかす

*眉頭下の輪郭の1cmくらいをぼかす

さらに、ぼかす際におすすめなのが綿棒です。

輪郭を軽くなぞるように滑らせてみてください、とても自然にボケてくれるので
空気感のある眉が簡単につくれます。

④眉マスカラで毛流れを整える

眉のぼかしまで終了したら、
これでもう終わりだと思っている方が多いのではないでしょうか?

ですが、最後にもう1つだけ、。

眉マスカラで毛流れを整えてください。

なぜ眉マスカラが必要なのか?

*眉に透明感が出る

*眉毛と髪の毛の色のバランスがとれる

*眉メイクが落ちづらくなる

などの効果があります。

眉マスカラを付ける際にとても使いやすいツールが以下のような
アイテムになります。

ツールの詳しい詳細は以下になります、ご確認ください。

 

 

では眉マスカラの効果的な付け方の説明になります。

上のイラストをご覧ください。

①通常は眉の長さの真ん中あたりに毛がもっとも密集しています。
その密集しているところから、眉頭に向かって逆走するように付けてください。

②次に上のイラストのように毛流れに沿って、眉頭から眉尻に向かって梳かすように
付けてください。

以上です。

眉マスカラを逆走させる理由は、毛が密集している毛の裏側にもきちんと付くので、色の発色がさらによくなり、結果的に暗くて重たい眉を軽く見せることが簡単になります。

⑤まとめ

いかがでしたか?

今回お伝えした方法は、難しいテクニックなど1つも入っていません。

シンプルな方法ですがとても効果的な方法なので、是非とも自分の物にして
いただき、どんどんチャレンジしてみてくださいね。

(関連記事)

*丸顔を細く見せるメイク法(パーツメイク編)

*眉メイクの発色が悪いので思うように描けない!!とお嘆きの方、、

*モテ顔は眉メイクでつくれる!! 0から学べる方法がこちら

では今回のまとめになります。

是非参考にしてみてください。

おかげさまで好評をいただいている、

自分好みの超美肌が自分でもつくれるようになる超美肌になるメイクレッスン

自分の魅力を最大限に引き出せるようになる魅力を2倍にするメイクレッスン

なども開催しています。

また、自分にぴったりのレッスンをお探しでしたら選べる10のメイクレッスン

などもチェックしてみて下さいね。

(※コロナ対策も万全)
(※オンラインレッスンも可能)

 
超人気のアメブロこちらになります。

今回も最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございました。

ブログが面白かった!!役に立った!!という方は
フォローのほうも宜しくお願いします。

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。