*おしゃれな赤リップを上手に取り入れるコツ

こんにちは、よういちです。

あなたは赤リップを使った事はありますか?

”ハイ”とお答えした方は使って見てどうですか?

赤リップは何となく苦手、、、

使う勇気が無い、、、

なんて方も多いかもしれませんね。

今回はここ数年いつもトレンドの上位に入っている、赤リップの上手な取り入れかた
お伝えしていきたいと思います。

他のパーツとのバランスがとても重要なので、興味がある方はそのまま読み進んで
くださいね。

それではいきますよ~。

もくじ

①リップの輪郭をきちんと取り過ぎない

②リップグロスを全体につけない

③アイメイクのシャドーは控えめ

④チークも抑え目

⑤まとめ

①リップの輪郭をきちんと取り過ぎない

赤リップを塗る時リップペンシルなどできちんと輪郭をとってしまうと、どうしてもクラッシックな印象だったり、やり過ぎな感じが出てしまいます。

実は輪郭を綿棒などで軽くぼかすだけで、空気感や軽さも出て今っぽい雰囲気になります。

ある程度輪郭をハッキリさせたい方は、ティッシュで輪郭だけをかるく押さえてください。
しっかりと発色しながらも、肌馴染みが断然良くなります。

シアー系の赤リップだと薄付きで空気感も出しやすいので、初心者かたにもお勧めです。

②リップグロスを全体につけない


最近のリップメイクの傾向として、グロスでテカテカに光らせることは少なくなりました。
もちろん特殊な場合を除いてはですが、。

とくに赤リップにグロスをつけ足すと、インパクト大なやり過ぎメイクに見えてしまい、周りの人が引いてしまうかもしれません、、。

もし付けるとすれば唇の中心部だけに軽く付ける程度で十分です。

輪郭までガッツリとつけてしまうと滲みなども起きてしまい、口周りが汚く見えてしまう
ので要注意です。

③アイメイクのシャドーは控えめ

リップメイクに色味がはっきりとした赤などを付ける場合に、アイメイクも強くしてしまうとお互いのパーツが主張し過ぎてしまい、まとまりのない派手でケバいメイクに仕上がってしまいます、、。

アイラインはハッキリしていても良いですが、シャドーは控えめが〇。

④チークも抑え目

赤リップなど主張が強いリップを使う場合にチークまで強い色を使ってしまうと、先ほどのアイメイク同様、お互いに色がぶつかり合いやり過ぎ感が否めません!!

かなり抑え気味か、いっそのこと何も付けないのも良いかもしれません。

その場合、ベースメイクはやや明るめの陶器肌に仕上げると、赤リップとのバランスが
絶妙でオシャレで品の良い仕上がりとなります。

⑤まとめ

いかがでしたか?

赤リップを上手に取り入れるには、上にあげたようないくつかのコツを知っていると、
いとも簡単になります。

結局、赤リップだけを上手につけるのではなく、トータルなバランス感覚
必要となります。

あなたもそれを意識して、赤リップに挑戦してみてはいかがでしょうか?

(関連記事)
*顔をいっきに明るく健康的に見せるメイク法!!
*リップの形でなりたい自分を演出する方法

今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

おかげさまで好評をいただいている、

自分史上見たこともない美肌を導きだす超美肌になるメイクレッスン

魅力を最大限アップさせる魅力を2倍にするメイクレッスン

なども開催しています。

よろしければチェックしてみて下さいね。

ブログでメイクを上達させ、女子力をあげたい!!
という方は当サイトのお悩み解決ブログサイトマップもぜひご覧ください。

 
気になる記事が見つかるかもしれません!!

今回のブログが皆さんにとって役に立った!!面白かった!!

と感じていただけると、嬉しく思います。

宜しければお悩みのコメントもお待ちしております。

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。