*ゆるヘアアップでモテ女子になる方法!!

Pocket

おはようございます、よういちです。

こちらのブログへのご訪問、ありがとうございます。

冬真っただ中の2月に入りました、いかがお過ごしですか?

フードのついたコートや上着、首周りのマフラーなど、なにかと顔周りがやぼったい時期でもあります。

実は冬にヘアアップをすることで、洋服とのバランスがとても良くなるんです。

とくにお勧めなのが、ゆるゆるふわふわのアップスタイルです。

この時期によく着る、モコモコな服との相性もピッタリなので、ぜひ参考にして
みてくださいね。

ではフワフワゆるアップのつくり方を解説していきますね。

まずは下の2枚の写真をご覧ください。

*斜め後ろからのアングル

*真後ろからのアングル

上の写真を見ながら読み進んでください。

①分け目を決める
自分の好きな場所で分け目を決めて下さい。
その際、直線ではっきりと分けるより、ジグザグと無造作な感じに分けて下さい。
指先でナチュラルに分けられないときは、コームでジグザグとランダムに分けてみると
無造作に分けることが出来ます。
分け目をフィックスしたい場合は、いったん水スプレーで濡らして行ってください。

②トップからサイドへと裏編み込み
鏡を見た時に編み目の盛り上がりが表面に見えるように、頭のトップからサイドに向かって
編み込んでいくやり方です。
裏編み込みとは毛束を下から上に向かって編み込んでいくやり方で、編み込んでいく方向の
次の毛を取り込みながら編み込んでいくやり方です。
特徴としては縄状の網目が表面に出ます。
生え際に近い場所で編み込んでいって下さい。
バックサイドも生え際寄りです。

③編み込んでいく毛束は、頭頂部を中心に放射状に分けとる
トップからサイドは鏡を見ながら普通に裏編みを行ってください。
後頭部は見えにくいのですが、頭頂部を中心に放射状に毛束をとるように意識すると、
上手に編み込んでいけます。
上の写真を参考にしてください。

④編み込みは両サイドとも襟足のセンター部分まで
左右両サイドから編み込んでいきますが、襟足まで来たら左右それぞれの毛束を三つ編みに移行し、毛先まで三つ編みしたらゴムで止めます。

⑤部分的に指で毛束を引き出し緩ませる
両サイドともルーズ感をだすために、編み込んだ毛束から少しづつ髪を引き出し、
ルーズ感を出します。
頭頂部、バックなどの編み込み以外の部分も少しづつ毛束を引き出し、更にルーズ感を
アップさせてください。
こめかみ、耳後ろ、襟足におくれ毛をだすとよりルーズ感が増します。

⑥両サイドの毛先を交差させピンで止める
毛先まで編み込んだ部分はあまり表面に出ないほうがより自然で可愛く仕上がるので、
ルーズに仕上がった編み込み部分の内側に隠れるようにピンで止めます。

以上になります。

全体のバランスを見て締めるところは締め崩す部分は崩して、バランスをとりましょう!!

このヘアスタイルは若い方だけではなく、30代40代50代の方にもアレンジ可能です。

時と場合に応じて、もっと崩したり、タイトにすることで、幅広い年齢の方にも受け入れ
やすいヘアスタイルになってます。

もちろん男性受けも抜群です!!

ぜひともチャレンジしてみてください。

質問等がありましたら、コメント欄からお問い合わせくださいね。

今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

別ブログではメイクのお悩み解決ブログを10年続けています。

メイクアップで自分アップ!!選べる10のメイク教室
を開催しています。
よろしければのぞいてみてくださいね。

素敵な1日をお過ごしください。

それではまた~。

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。