*いますぐSTOP!! 髪の老化につながるNGなシャンプー法

こんにちは、よういちです。

さて今回は、
シャンプーのやり方によって髪の毛を老化させてしまう!!という、
気になる情報をお伝えしていきたいと思います。

今まで自分の髪の毛に対してこのようなことを感じたことはありませんか?

*髪の毛には人一倍気を使っているのに髪の毛がボサボサ、、、

*良いシャンプーやコンディショナー、トリートメントを使っているのに改善されない、、、

*最近枝毛や切れ毛、抜け毛が増えた、、、

髪質が良くなるどころか、どんどんダメージ老化の一途をたどっている!!と感じる方は、
間違った方法でシャンプーを行っている可能性があります。

これからお伝えするNGなシャンプー法は皆さんもついついやってしまう事なので、
心当たりがある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

それではいきますよ~。

目次

①お湯の温度が高い

②シャンプー前に予洗いで汚れを除去

③原液のシャンプー剤を頭皮や髪に直に付ける

④毛先までゴシゴシ洗う

⑤まとめ

①お湯の温度が高い

毎日寒い日が続くと、どうしてもお湯の温度が高くなりがちです。

髪を洗う時にそのままの高い温度で洗うと頭皮に必要な油分を取り過ぎたり、
キューティクルが開いて剥がれ落ちたりと、とても傷みやすい状態になります。

ゆっくりと湯船につかり、体を温めた後に37~38℃くらいのお湯で髪を洗う
ことにより、髪を傷つけたり皮脂を取り過ぎたりということが少なくなります。

髪を健康に保つには、洗うときの温度はとても大事なのです。

②シャンプー前に予洗いで汚れを除去

シャンプーする前にきちんと予洗いを行う事で、汚れの70パーセントほどを
落とす事ができます。

結果的にシャンプー剤をたくさん使わずに効率良く汚れを落とす事ができます。

また泡立ちも良くなるので髪と髪の摩擦も少なくなります。

少なくとも1分くらいは地肌をマッサージしながら予洗いを行ってくださいね。

③原液のシャンプー剤を頭皮や髪に直に付ける

原液を直接頭皮に付けて、洗っていませんか?

泡立っていないシャンプー剤は頭皮や髪の毛に大変なダメージを与えるばかり
でなく、毛穴につまってしまうリスクにもなります。

しっかりと手のひらで泡立てをしてから地肌を中心に洗うよう心掛けてくださいね。

④毛先までゴシゴシ洗う

髪が長いのに毛先までしっかりと泡立てをしないと洗った気がしない!!
という方がいらっしゃいます。

このような洗い方をしてしまうと、いくら泡立っているとはいえ毛先どうしが
ぶつかり合って摩擦が起き、さらなるダメージを広げてしまいます。

しっかりと泡だてたら、地肌を中心にマッサージをするようにやさしく洗って下さい。

極端な言い方をすれば、毛先には泡がほとんどついていなくても良いくらいです。

⑤まとめ

以上になります、いかがでしたか?

もしかしたら、いままでに聞いた事がある方もいらしたかもしれませんが、
この4つのNGを改善することで髪へのダメージが軽減され、髪の毛のツヤや
コシが戻るので結果的に若みえ効果にもつながります。

*髪の質が改善されると若みえ効果はとても関係が深いのです!!

シャンプーは毎日毎日の行為なのでNG行為が積もり積もって、気がついた時
には手遅れ、、、ということにならないように、今日から意識して実践して
みてくださいね。

(関連記事)

*ドライアーを使うだけで髪の毛をツヤツヤにする方法

*髪の毛で5歳若く見える秘訣とは??

*ヘアカラーを使わずに髪の毛を明るくする方法

では今回のまとめになります。

まとめ

①お湯の温度が高い

②シャンプー前に予洗いで汚れを除去

③原液のシャンプー剤を頭皮や髪に直に付ける

④毛先までゴシゴシ洗う

ぜひ参考にしてみてください。

おかげさまで好評をいただいている、

自分史上見たこともない美肌を導きだす超美肌になるメイクレッスン

魅力を最大限アップさせる魅力を2倍にするメイクレッスン

なども開催しています。

よろしければチェックしてみて下さいね。

ブログでメイクを上達し、女子力をあげたい!!
という方は当サイトのお悩み解決ブログサイトマップもぜひご覧ください。

 
気になる記事が見つかるかもしれません!!

今回のブログが皆さんにとって役に立った!!面白かった!!

と感じていただけると、嬉しく思います。

宜しければお悩みのコメントもお待ちしております。

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。