*いますぐSTOP!! 老化につながるNGなシャンプー法

Pocket

こんにちは、よういちです。

さて今回は、
シャンプーのやり方によって髪の毛を痛めてしまい、逆に老けて見られてしまう!!という、
信じられないようなケースについて詳しくお伝えしていきたいと思います。

このようなことを思ったことはありませんか?

*髪の毛には人一倍気を使っているのになぜだろう、、、

*良いシャンプーやコンディショナー、トリートメントをきちんとおこなっている
のになぜだろう、、、

髪質が良くなるどころか、どんどん老化の一途をたどっている!!と感じる方は、
何か間違った方法を行っている可能性があります。

老化という言葉を使ったのは髪の毛の老化というよりも、見た目が老けて見えてしまう!!
という意味です。

これからお伝えするNGな情報はとても有りがちですし、ついついやってしまう事で
もあります。

興味がある方は引き続きご覧くださいね。

もし当てはまることが1つでもあれば、今すぐに改善が必要です!!

それではいきますよ~。

①お湯の温度が高い

毎日寒い日が続くと、どうしてもお湯の温度が高くなりがちです。
気持ちはよく分かりますが、髪を洗う時に高いお湯の温度で洗うと頭皮に必要な
油分を取り過ぎたり、キューティクルが開いて剥がれ落ちたりと、とても傷み
やすい状態になります。

ゆっくりと湯船につかり、体を温めた後に37~38℃くらいのお湯で髪を洗う
ことにより、髪を傷つけたり皮脂を取り過ぎたりということが少なくなります。

②シャンプー前に予洗いで汚れを除去
シャンプーする前にきちんと予洗いを行う事で、汚れの70パーセントほどは
落とす事ができます。
結果的にシャンプー剤をたくさん使わずに効率良く汚れを落とす事ができます。
泡立ちも良くなるので髪と髪の摩擦も少なくなります。
少なくとも1分くらいは地肌をマッサージしながら念入りに行ってくださいね。

③原液のシャンプー剤を頭皮や髪に直に付ける
原液を直接頭皮に付けて、洗っている方が意外と多いように感じます。
泡立っていないシャンプー剤は頭皮や髪の毛に大変なダメージを与えるばかり
でなく、毛穴につまってしまうリスクにもなります。
しっかりと手のひらで泡立てをしてから洗うよう心掛けてくださいね。

④毛先までゴシゴシ洗う
髪が長めの人に、毛先までしっかりと泡立てをしないと洗った気がしない!!
という方がいらっしゃいます。
ただこのような洗い方をしてしまうといくら泡立っているとはいえ、傷んだ毛先どうしが
ぶつかり合って、さらにダメージを広げてしまいます。
しっかりと泡だてたら、地肌を中心にマッサージをするようにやさしく洗って下さい。
極端な言い方をすれば、毛先の部分に関しては泡がほとんどついていなくても
良いくらいです。

以上になります、

いかがでしたか?

もしかしたら、いままでに聞いた事がある方もいらしたかもしれませんが、
この4つのNGを改善することで髪へのダメージが軽減され、髪の毛のツヤや
コシが蘇るので、結果的に若みえ効果につながります。

*髪の質と若みえ効果はとても関係が深いのです!!

シャンプーは毎日毎日の行為なのでNG行為が積もり積もって、気がついた時
には手遅れ、、、ということにならないように、今日から意識して実践して
みてくださいね。

今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます!!

別のブログでもメイクのお悩み解決ブログを10年続けています。
宜しければのぞいてみてください。

メイクアップで自分アップ!!選べる10のメイク教室
も開催しています。

宜しければこちらもどうぞ。

素敵な1日をお過ごしください。

それではまた~。

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。