*ヘアカラーを使わずに髪の毛を明るくする方法

こんにちは、よういちです。

以前にもブログで書きましたが、かなり多くの方に興味をもっていただいた、
”ヘアカラーを使わずに髪の毛を明るくする方法”をさらに詳しくお伝えしていきたいと
思います。

学生の方や社会人の方の中には髪の毛を染めるほどではないけど、少しだけ明るく軽く見えるようになりたい!!
と感じている方は意外と多いものです。

最初にお伝えしますが、これからお伝えする方法は個人差があるので、だれにでも結果が
出る!!というわけではありません。

それと、しばらくはお酢の匂いが髪の毛に残ってしまいますので、お酢の匂いが気になる方
は止めた方が良いかもしれません。

それでも試してみたい!!という方は続きをご覧くださいね。

それではいきますよ~。

もくじ

①水スプレーで髪の毛を全体的にぬらす

②スプレーポンプにお酢を入れ、髪の毛全体にたっぷりとスプレー

③余分な水分をタオルではさむように拭き取り5分放置

④ドライアーで髪の毛全体を乾かす

⑤シャンプー&リンス

⑥まとめ

①髪の毛を水スプレーで全体的にぬらす


水スプレーで髪の毛をかるく濡らしますが、乾いている部分と濡れている部分がムラになっていると、仕上がりにもムラがでてしまいます。

かるく均一に濡らしましょう。

コーム等で梳かしながらつけると均一に濡らし易いですが、水が滴るまで濡らす必要は
ありません。
濡らし過ぎは効果が出にくくなるので注意してください。

とくに毛先にたくさんの水分が溜まっている時は、タオルでしっかりとおさえて下さい。

②スプレーポンプにお酢を入れ、髪の毛全体にたっぷりとスプレー

水スプレーポンプにお酢を原液のまま入れて、中間~毛先を中心につけていきます。

その後、髪の毛全体にスプレーをし、根元から毛先までまんべんなくつけていきます。
櫛目が粗いコームでとかしながら付けると均一になじみます。

地肌が弱い方はトラブルの原因になるかもしれませんので、地肌に直接噴射しないように
して下さい。

③余分な水分をタオルではさむように拭き取り5分放置


お酢が髪の毛から滴るくらいたくさん付いてしまったら、タオルではさむように
やさしく水分を拭き取ってください。

そのままの状態で5分放置します。

④ドライアーで髪全体をま乾かす


5分経ったら、髪の毛全体をドライアーで優しく乾かして下さい。

個人差はありますが、もともと髪の色が明るめの方はこの段階でかなり効果が出ます。

効果が出ない人は、①~④をもう一度繰り返してください。

ちょうど良い色味になったところでシャンプーです。

⑤シャンプー&リンス

明るくなったら、その後シャンプーとリンス、トリートメントを行って下さい。
髪の毛が酸性に傾いているので、優しく洗ってあげて下さい。

シャンプー後もしばらくはお酢のニオイが残りますので、それが嫌な方はやめた方が良いかもしれません。

⑥まとめ

以上になります、いかがでしたか?

お酢を使うので、どうしても髪に匂いが残ってしまいますが、髪の毛へのダメージ
を考えると、ブリーチ剤やヘアカラーに比べてかなりやさしいかと思います。

最初に書きましたが、効果には個人差があるので、ぜったいに明るくなるとは断言でき
ませんが、人によってはかなり効果があった!!という反響を頂きましたので、試して
みる価値はあると思います。

興味があったらぜひ挑戦してみてくださいね。

※根元が黒く伸びた、プリン状態の方には不向きです

(関連記事)

*自分に合ったヘアカラーの見つけ方(アンダートーン別に解説)

*髪や肌を火傷させないただ一つのヘアアイロン!!

*ドライアーを使うだけで髪の毛をツヤツヤにする方法

*髪の毛で5歳若く見える秘訣とは??

今回も最後まで読んでいただきまして、
ありがとうございます。

おかげさまで好評をいただいている、

自分史上見たこともない美肌を導きだす超美肌になるメイクレッスン

自分の魅力を最大限アップさせる魅力を2倍にするメイクレッスン

なども開催しています。

よろしければチェックしてみて下さいね。

ブログでメイクを上達し、女子力をあげたい!!
という方は当サイトのお悩み解決ブログサイトマップもぜひご覧ください。

 
気になる記事が見つかるかもしれません!!

今回のブログが皆さんにとって役に立った!!面白かった!!

と感じていただけると、嬉しく思います。

宜しければコメントもお待ちしております。

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。