*パウダーファンデで透明感あふれる美肌に仕上げる方法!!

こんにちは、ヘアメイククリエイターひらかわよういちです。

今回は、自然で透明感あふれるパウダーファンデーションの付け方
お伝えしたいと思います。

肌が敏感過ぎてパウダーファンデやミネラルファンデしか使えない方は、
特に必見です!!

時間がない朝についついやりがちなパターンとして、パウダーファンデーション
を付属のスポンジに取り、ゴシゴシと顔全体につけてしまうこと、、、。

でも仕上がりはというと、、、、、、

粉っぽくて厚付きで、とても自然な仕上がりとはいえません、、。

なぜか顔も大きく見えてしまいます、、。

時代遅れな感じも否めません、、。

同じような経験がある方も多いのではないでしょうか?

では一体どうすればいいのでしょうか?

これからお伝えする方法を実践することで、素早くできるにも関わらず
粉っぽくなりません!!

興味がある方はこのまま読み進んでくださいね。

①化粧水と乳液、下地を丁寧に付ける

あまりにも当たり前の事ですが、スキンケア、下地は丁寧に行ってください。

パウダーファンデは粉っぽく仕上がる傾向にあるため、保水、保湿、下地作り
とても重要なのです。

急がば回れという言葉がありますが、丁寧なスキンケアや下地作りがファンデの
肌なじみや美肌づくりに繋がり、同時に肌への負担も軽減できます。

②コンシーラーの効果的な使いかた

コンシーラーは気になる部分だけにポンポイントを意識します。


平筆
を使ってコンシーラーを馴染ませると、少量なのにカバー力が
抜群になります。

気になるところにピンポイントでペタペタと馴染ませてください。
その際、ブラシを倒してつけるとパッティングと同じ効果が得られ
るので肌馴染みも抜群です。

境目はスポンジで軽く馴染ませることで、より自然に仕上がります。
馴染ませるときは範囲を広げ過ぎないように注意してくださいね。

③パウダーファンデ専用ブラシで仕上げる

コンシーラーの後はパウダーファンデーションを専用のブラシにとり、顔の中心部
から外側(輪郭)に向けて滑らせるように、放射状にのばしていきます。

ファンデが足りないようでしたら再度ブラシにとり、顔の中心部から同じように
外側にのばしていきます。(これの繰り返し、、)

力を入れ過ぎるとムラになりやすいと同時に、仕上がりが重たくなるので
注意してください。

※クルクルとブラシを回転させるように付ける方法でもOKです。
この際も力を抜いて付けてください。

以上になります。

簡単ですよね?

ブラシで付ける方法は時間を短縮できるだけでなく、仕上がりもリキッド
ファンデに近い仕上がりとなります。

パウダーファンデを付けるときはつねにブラシを持つ手の力を抜いて行うのが、
透明感あふれる美しい仕上がりになる秘訣です。

是非おためしくださいね!!

※リキッドを超えたパウダーファンデをお探しの方は↓になります。

「女優が創り、育てた化粧品」江原道パウダーファンデ

④まとめ

ひと昔まではパウダーファンデ=粉っぽいという固定観念がありましたが、
近年はファンデの質の向上にも目を見張るものがあります。

質の向上&メイクテクニックにより、パウダーファンデでも透明感あふれる
美しい仕上がりが可能となりました!!

では今回の”まとめ”になります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

おかげさまで好評をいただいている、

自分史上最高の美肌がつくれるようになる超美肌になるメイクレッスン

自分の魅力を2倍アップさせる魅力を2倍にするメイクレッスン

なども開催しています。

よろしければご覧ください。

また、自分にぴったりのレッスンをお探しでしたら選べる10のメイクレッスン

などもチェックしてみて下さいね。

(※コロナ対策も万全)
(※オンラインレッスンも可能)

 
超人気のアメブロこちらになります。

今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

ブログが面白かった!!役に立った!!という方は
フォローのほうも宜しくお願いします。

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。