*アイシャドーを自然で立体的に見せる裏技

こんにちは、よういちです。

ご訪問いただきまして、ありがとうございます!!

さて今回は、効果的でしかも簡単なアイシャドーの入れ方をお伝えしたいと思います。

アイシャドーがの入れ方がわからない、、苦手、、というかたは、意外にも多いものです。

今回の記事を読むことで、アイシャドーはどのようにするときれいに効果的に
ぼかすことが出来るかが理解できるようになります。

興味がある方はこのままお付き合いくださいね。

もくじ

はじめに

そもそもアイシャドーは何のために入れるのでしょうか?

目的は何だと思いますか?

わかりやすく説明すると、

*目に立体感をあたえ彫りを深く見せる

*色の効果で目を魅力的に見せる

*目元の深みや華やかさをアップさせる

*目を大きく見せる

などの目的があります。

では具体的な手順に入っていきたいと思います。

中間色アイシャドーのつけ方

アイシャドーをつけるときに最初に付けるのが中間色のアイシャドーになります。

ほとんどのアイシャドーパレットには中間色、ダーク色、ハイライト(明るい色)
が入っていますが、その中の中間色から付けていきます。

イラストに沿って解説していきますので、一緒に読み進んでくださいね。

下のイラストをご覧ください。
付け方を説明しますね。

①目を閉じて、中間色をブラシにとり点1置く。

②点1から点2に向かって目の際ギリギリをスライドさせる。

      

③次に点2から点1にもどる。(これを2~3往復繰り返す)

      

④次に車のワイパーのように左右に移動させながら、弧を描くように少しづつ
アイホール(bの上の線辺り)に向かって上がっていく。

⑤アイホールまで到達したら終了し、目を開いてアイシャドーの
入り具合をチェック。

      

⑥もう少し色を足したい場合は、再度①~⑤の手順で色を足しながら調整する。

締め色アイシャドーのつけ方

こちらもイラストを参照にしながら読み進んでくださいね。

①締め色も中間色の場合と同じように目を閉じて、締め色を含ませたアイシャドー
ブラシを
点1に置く。
締め色は入れる範囲が狭いので中間色のブラシより小さめをチョイスする。

点1から点2に向かって目の際ギリギリをスライドさせる

③次に点2から点1にもどる(これを2~3往復繰り返す)

④締め色も弧を描くように上にぼかしていきますが、マックスでも
二重瞼の線辺りが目安です(aの上の線)

⑤まぶたは人によってそれぞれ違うので④の工程を終えたら目を開いてチェックし
ちょうどお好みの状態になるように調節して下さい。
必要なら①~④を繰り返してください。

ハイライトアイシャドーのつけ方

最後にこちらもイラストを交えて説明していきますね。
以下をご覧ください。

①Cで描かれている円の中央辺りにハイライトを含ませたブラシを置いてください。

②上の①の起点を中心に上下、左右とブラシで馴染ませます。
この時、アイホールのラインより内側に入らないように広げ過ぎに注意してください。

③もう少し発色を良くしたい場合は①~②の工程をくりかえしてください。

以上になります、いかがでしたか?

とてもシンプルで基本的なテクニックになりますが、きちんと手順を追って行うことで効果的に立体感を出すことが出来ます。

※アイシャドーはただ付けるだけでは目を大きく見せたり、魅力的に見せたりする
ことはでき
ません。

上記を参考に、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

(関連記事)

パーツメイクが苦手でいつもマンネリメイクにうんざりな方は魅力を2倍にするメイク講座をチェックしてみてくださいね。

→ベースメイクが上手くいかず、仕上がりがいつも最低!!というかたは
超美肌になるベースメイク講座をご覧ください。

まとめ

アイシャドーを成功させるには1つ1つの過程を順序よく行うことが大事です。

最初は面倒に感じるかもしれませんが、慣れてくるとすごく簡単に手際よく
仕上げることが出来るようになります。

では最後に”まとめ”となります。(※クリックすると内容に飛びます)

中間色のアイシャドーのつけ方

締め色のアイシャドーのつけ方

ハイライトアイシャドーのつけ方

参考にしてみてくださいね。

今回も最後までお付き合いただきまして、ありがとうございました。

メイクでお困りの方、メイクのお悩み解決ブログを発信しております。

宜しければそちらもチェックしてみてください。

ひらかわよういち

 

1人の購読者に加わりましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。