*メイクがあか抜けない人の原因は、眉にあった!!

こんにちは、ヘアメイククリエイターひらかわよういちです。

今回の記事は、

何をやってもメイクがあか抜けない、、、

今一つオシャレに見えない、、、

眉がやぼったいせいか鈍くさくみられる、、、

という方に向けて、大変役に立つ情報となっています。

興味がある方はこのまま読み進んでみてくださいね。


目次

はじめに

①眉の輪郭の下部はハッキリ目に描く

②眉に濃淡をつける

③眉の形はストレートラウンド眉

④眉マスカラで自眉毛に色を付ける

まとめ


はじめに

もうご存じの方もいらっしゃると思いますが、顔の印象を
もっとも左右する部分はどこだと思いますか?

答え:眉

じつは眉は顔の印象の80パーセントを決めてしまうほど、とても重要
なパーツになります。

絵やイラストを描くときに、眉の形を変えるだけで全く別人に見えてしまう
のはご存じですよね。

それほど印象をがらりと変えてしまうのが眉なんです。

それでは今回のタイトル、
メイクがあか抜けない人は、眉に原因があった!!
について、その原因となる眉メイクの改善策を具体的かつ分かりやすく、
お伝えしていきたいと思います。

それではいきますよ~。

①眉の輪郭の下部はハッキリ目に描く

眉を描くときに多いNGパターンとして、眉全体を濃くまたは
薄く描いてしまうなどが挙げられます。

濃すぎる眉だといかにも描きました感が出て不自然ですし、薄すぎると
眉全体がぼやけてしまい、メリハリのない印象になってしまいます。

どちらにしてもあか抜けない印象です。

ではどうすればいいのか?

具体的に言うと
眉毛の下部の輪郭ラインをハッキリと描くこと!!

上部の輪郭ラインに関しては、眉山から眉尻側はハッキリ目に描きますが、
他の部分はある程度ぼかし気味に描いても構いません。

これにより自然でメリハリ感のあるあか抜けた印象になります。

眉の下部の輪郭ラインを描くときはハッキリ目に描くことが重要なのです。

②眉に濃淡をつける

アイブロー用のシャドーパレットを見ると色の種類が複数あり、グラデー
ションになっているのが分かると思います。
どうしてあのように複数の色味が用意されていると思いますか?

もちろん様々な髪の毛の色の方がいらっしゃるので、それに合うように色が
用意されていると思うのですが、それだけではありません。

じつは眉の色に濃淡をつけることで、立体的で透明感のある眉に仕上がります。
眉に濃淡をつけるために、数種類の色味が用意されているのです。

使う場所を具体的に言うと、

眉頭→明るめ

眉中央→中間色

眉尻→やや暗めの色

このように使い分けるのです。

これを行うことで、立体感や透明感がアップしさらに洗練された
印象に仕上げることが出来ます。

試しに、1色だけの単色で仕上げた場合と見比べてみてくださいね。

仕上がりが全然違いますよ。

③眉の形はストレートラウンド眉

ストレートラウンド眉といわれてもピンとこない、、と思った方も
いらっしゃるかもしれませんね。

ではまず、ストレート眉とは何か?
を最初に説明したいと思います。

特徴をいくつかお伝えします。

*眉に角度がつかずにまっすぐな眉(地面と平行)
*眉山と眉尻の高さの差がそれほどない
*眉頭から眉山の高さの差がそれほどない

以上になります。

この特徴にややラウンド(曲線)をミックスさせたのが
ストレートラウンド眉です。

この眉は女優さん、タレントさんなどにも大変人気で、もともと持っている
自分の自眉毛を生かしながら描いていくので、自分らしくナチュラル感のある
あか抜けた眉に仕上がるのです。

あか抜けというより好感をもたれる眉と言ってもいいかもしれません。

④眉マスカラで自眉毛に色を付ける

じつはこれをやっていない方が意外と多く、とても残念に感じます。

なぜなら、眉メイクの色味と自眉毛の色が違い過ぎるため、眉毛だけ黒浮き
して見えるからです。

正面から見たときはそれほど違和感を感じないかもしれませんが、
真横斜めから見たときにものすごく違和感を感じてしまいます。

眉メイクの色味と眉マスカラを同色系で統一させることで、仕上がりに
一体感がでてとても自然な仕上がりになります。

さらに透明感も加わるので、よりあか抜けた印象になるわけです。

まとめ

眉メイクはあか抜けた印象をつくるのにとても重要なパーツなので、苦手意識を
持っていた方は今回の記事をぜひ参考にしてみてくださいね。

(関連記事)

*たったこれだけ!!眉メイク上達3つのカギ
*眉メイクを成功させる秘訣はツールにあった!!
*10年前と同じ眉メイクをしていませんか?

それでは”まとめ”になります。

※クリックすると内容に飛びます


はじめに

①眉の下側のラインはハッキリ目に描く

②眉に濃淡をつける

③眉の形はストレートラウンド眉

④眉マスカラで自眉毛に色を付ける


ぜひ参考にしてみてください。

おかげさまで好評をいただいている、

自分史上最高の美肌がつくれるようになる超美肌になるメイクレッスン

自分の魅力を2倍アップさせる魅力を2倍にするメイクレッスン

なども開催しています。

よろしければご覧ください。

また、自分にぴったりのレッスンをお探しでしたら選べる10のメイクレッスン

などもチェックしてみて下さいね。

(※コロナ対策も万全)
(※オンラインレッスンも可能)

 
超人気のアメブロこちらになります。

今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

ブログが面白かった!!役に立った!!という方は
フォローのほうも宜しくお願いします。

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。