*メイクがあか抜けない原因はここにあった!!

Pocket

今回は、何をやってもメイクがあか抜けない、、、

マンネリメイクでうんざり、、、

とお困りのかたに向けてとてもお役に立つ情報です!!

興味がある方はこのまま読み進んでみてくださいね。


目次

はじめに

①眉の下側のラインはハッキリ目に描く

②眉に濃淡をつける

③眉の形はストレートラウンド眉

④眉マスカラで自眉毛に色を付ける

まとめ


はじめに

もうご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、顔の印象を
もっとも左右する部分はどこだと思いますか?

答え:眉

じつは眉は顔の印象の80パーセントを決めてしまうほど、とても重要
なパーツなんです。

絵を描くときに眉の形を変えるだけで、全く別人に見えてしまう
のはご存じですよね。

それほど印象が変わってしまうんです。

それでは今回のテーマである、
あか抜けないメイクとはいったいどんなメイクなのか?

その改善策としてどのようなところを直していけば良いのかを、
具体的かつ分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

それでは行きたいと思います。

よろしいですか~。

①眉の下側のラインはハッキリ目に描く

眉を描くときに割と多いNGなパターンが、眉全体を濃く描きすぎたり、
薄く描きすぎたりすること。

濃いすぎる眉だと海苔が張り付いたように見えてしまいとても不自然
ですし、薄すぎると眉全体がぼやけて見え、他のパーツメイクまでも
ぼやけた印象になってしまいます。
すべてが中途半端で全くあか抜けない印象です。

ではどうすればいいのか?

具体的に言うと
眉毛の下の輪郭ラインをしっかりときれいな線で描くこと!!

上の輪郭ラインに関しては、眉山から眉尻側はしっかり目に描きますが、
他はある程度ぼかし気味に描くのが良いです。

これにより自然な中にメリハリ感のあるとてもあか抜けた印象になります。

眉の下のラインはとても重要なのです。

②眉に濃淡をつける

アイブロー用のシャドーのセットを見ると、色ちがいがいくつか入っている
パレットを目にしたことがあると思いますが、どうしてあのように数色の
色味が用意されていると思いますか?

もちろん様々な髪の毛の色の方がいらっしゃるので、それに合うように色が
用意されていると思うのですが、それだけではありません。

じつは眉の色にも濃淡をつけることで、立体的で空気感のある眉に仕上がります。
その濃淡をつくるために数種類の色味が用意されているのです。

分かりやすく言うと、

眉尻側→暗めの色

中間部→中間の色 

眉頭側→明るめの色

とこのように使い分けるのです。

これによりさきほども書きましたように、立体感や透明感がアップ
より洗練された印象に仕上がるのです。

ウソだと思ったら1色だけで仕上げた場合と見比べてみてくださいね。

一目瞭然です。笑

③眉の形はストレートラウンド眉

ストレートラウンド眉?といわれてもピンとこない!!と思った方も
いらっしゃるかもしれませんね。

ではまず、ストレート眉とは何か?を最初に説明したいと思います。

特徴をいくつかお伝えしますね。

*眉に角度がつかずにまっすぐな眉(地面と平行)
*眉山と眉尻の高さの差がそれほどない
*眉頭から眉山の高さの差がそれほどない

以上が特徴になります。

この特徴にややラウンドな線をつけ足したのが
ストレートラウンド眉です。

この眉は女優さん、タレントさんに多く、もともと持っている自分の
自眉毛を生かしながら描いていくので、自然でありながらとても好感を
持たれやすい眉です。

あか抜けというより好感をもたれる眉と言ってもいいかもしれません。

④眉マスカラで自眉毛に色を付ける

じつはこれをやっていない方が意外と多く、とても残念に感じます。

なぜなら、眉メイクの色と自眉毛の色が違い過ぎ、眉だけ黒浮き
してしまうのです。

正面から見たときはそれほど違和感を感じないかもしれませんが、
真横や斜めの角度から見たときにすごく違和感を感じてしまうのです。

眉メイクと同色系の眉マスカラを付けてあげることで、仕上がりに
一体感がでてとても自然になります。

さらに透明感も加わるので、よりあか抜けた印象になるわけです。

以上になります。

眉メイクは印象をがらりと変えるのにとても重要なパーツであると同時に、
苦手意識を持っている方も多く、なかなかハードルが高いパーツでも
あります。

メイクが苦手な方にむけて、以下のレッスンを開催しております。
よろしければチェックしてみてください。

印象がみるみる変わる♪♪2時間でわかる眉&ノーズメイク講座

すぐに使える魅力を2倍にするメイク講座

メイクアップで自分アップ!!選べる10のメイク教室

まとめ

それでは最後に”まとめ”になります。


はじめに

①眉の下側のラインはハッキリ目に描く

②眉に濃淡をつける

③眉の形はストレートラウンド眉

④眉マスカラで自眉毛に色を付ける


別サイトでもメイクのお悩み解決ブログを発信しております。
よろしければご覧ください。

今回も最後までお付き合いただきまして、ありがとうございます。

これからも皆さんのお役に立てるブログを心がけていきたいと
思います。

よろしくお願いします。

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。