*透明感0のベースメイク、、原因はここにあった!!

Pocket

こんにちは、よういちです。

今回は、透明感0のベースメイク、、原因はここにあった!!というタイトル
でその原因や改善策について分かりやすくお伝えできればなぁと思います。

肌の透明感がとても重要なのは皆さんもご存じだと思います。

これが無くなってしまう一番大きな原因が、肌の乾燥にあります。

今回はスキンケアベースメイクの両方で、その原因は何なのか?
どうすれば改善できるのか?について、分かりやすくお伝えして
いきたいと思います。

肌に透明感があると、みずみずしく若々しく見えるのは、言うまで
もありません。

興味がある方は引き続きご覧くださいね。


目次

*透明感を出すために必要なスキンケアとは?

*透明感を出すために必要なベースづくりとは?

*まとめ


*透明感を出すために必要なスキンケアとは?

スキンケアを行う前に必ず行うのが洗顔ですが、これが正しく
行われていないと、いくら化粧水で潤いを与えようとしても
なかなか思うようにいきません。

肌に残っている老廃物角質の汚れなどを洗顔できれいに取り去る
ことで、化粧水の定着が良くなるなどの効果もアップするので水分
を肌に与えることがスムーズになります。

化粧水を付けるときに重要なのが刺激を与えずに優しくしっかり
とおこなう事。

何といっても効果的なのが”ハンドプレス”です。

このハンドプレスを行う際は顔と首筋にしっかりと定着させる!!
という意識でおこなってください。
肌の質感がみるみる変わり、角質の表面にしっかりと水分が行き
渡った感覚を味わうことが出来ます。

美容液は必要だと感じる部分に集中的に付け、残りを顔全体にのばす
要領でつけてください。

透明感を出すには潤いが最も重要なので、保湿系の美容液がとくに
おススメです。
例えば、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、セラミド、プラセンタ
エキス
などがその代表格です。

乳液やクリームをつける際も化粧水と同じように、顔と首筋にハンドプレス
をする要領で行ってください。

よくマッサージをしながらつける方がいらっしゃいますが、方向や量
間違わないようにしないと、くすみやたるみを逆に引き起こしてしま
うので注意が必要です。

やさしく包み込むように行ってください。

手のひらと肌がくっつくような感覚になったら終了です。

それ以上やると今度は肌に負担と乾燥を招いてしまうので、
くれぐれもほどほどに、、。笑

*透明感を出すために必要なベースづくりとは

ベースメイクで重要なのが厚塗りにしない!!ということです。

ファンデーションやコンシーラーだけで何とかカバーしようとすると、
ついつい厚塗りになってしまい気が付いた時には仮面状態、、、。

そうならないために重要なのが下地クリームです。

下地クリームは様々な種類が発売されており、あなたの肌質や
なりたい肌質に合わせて、自分でチョイスすることが出来ます。

顔全体に付けるものとしておススメなのは、肌色のものか
付けると透明に変化するもの。

色付きの下地クリームを顔全体に付けるように推奨しているメーカー
もありますが、色味が強すぎると白浮きしたり、顔色が悪く見え
ときもあるので要注意です。

ファンデーションは私個人としてはリキッドクリーム系のもので、
軽く伸びが良いものがベストです。

カバー力が強いものは粗は隠せますがどうしても重たくなりがちなので、
透明感を出すには軽さが必要です。

また、気になるクマやあざ、シミなどはコンシーラーを使って部分的に
カバー
するようにして下さいね。

ときどき、フェイスパウダーを使わない!!という方もいらっしゃい
ますが、透明感のある肌作りには必要となります。

フェイスパウダーは顔全体にパタパタとたくさんつけてしまうと粉っぽ
い仕上がりになってしまうので、つける際は顔の外側から少しづつ顔の
中心部にむかって渦を巻くようにつけると、テカリを抑えつつも
透明感のある肌感に仕上げることが出来ます。

いかがでしたか?

透明感のある肌というのは顔全体がきれいに均一にカバーされている
肌ではなく、部分部分で若干の色味は違っても素肌を感じさせる
透け感が大事だと思っています。

透明感のある肌作りに興味がある方は以下をご覧ください。

メイクは肌作りが重要、超美肌になれるベースメイク講座

*まとめ

透明感が無いお肌は乾燥して見えるばかりでなく、老けた印象を与えて
しまうデメリットがあります。

もし今まで、透明感0のベースメイクだったかも?と感じた方は、
今回の記事を参考に、ぜひ実践してみてくださいね。

では今回のまとめです。

*透明感を出すためのスキンケアとは?

*透明感を出すためのベースづくりとは?

以上になります。

今回も最後までお付き合いいただきまして、大変うれしく思います。

ありがとうございます。

この記事が皆さんにとって何かのお役に立つきっかけとなれば、
嬉しく思います。

ひらかわよういち

ブログで学ぶヘアメイクの裏技はこちらになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。