*眉メイクを劇的に改善する3つのポイントとは?

こんにちは、ヘアメイククリエイターひらかわよういちです。

さて今回は眉メイクを劇的に改善する3つのポイントとは?
というタイトルでお伝えしていきます。

もしあなたが、

眉メイクが全然上達しない、、

いつも失敗ばかりなので諦めてしまっている、、

眉メイクに対して苦手意識が強い、、

などを感じているようでしたら、
効果的な眉メイク改善法について部分ごとに分かりやすく解説して
おりますので、よかったら参考にしてみてくださいね。


目次

1:眉山~眉尻

2:眉の中央部

3:眉頭5ミリ

4:まとめ


1:眉山~眉尻

まずは、眉山~眉尻の部分を見ていきましょう。

ここは眉の中で最もはっきりと描いてもよい部分です。
ここの部分に眉毛が無い方は、他の部分よりやや暗めの色を選ぶようにすると
眉全体のバランスが良くなるし、消えてなくなることも少なくなります。

描き方

①まず下側の輪郭を眉山→眉尻に向かって描いていきます。
何度も何度も描き足すとラインがぼやけたり太くなったりしてしまうので、
数回ではっきりとしたラインを完成させるよう意識してください。

②そのまま毛流れに沿って少しづつ描き足しながら、上部の輪郭まで描いてください。
色が足りないと感じたら、新たにブラシに色を取りつけ足してください。

先ほどもお伝えしましたが、ここの部分は毛が無かったり薄かったりする方が多い
ため、ハッキリと濃いめに描くことで眉が無くなるのを防いでくれます。

2:眉の中央部

ここは眉の真ん中に位置する部分で、眉山~眉頭の内側5ミリくらいまでの範囲に
なります。

多くの方に言えることですが、この部分は比較的眉毛が密集している部分です。

なので暗めの色を足すと眉がとても濃く見えやすいので、やや明るめ
の色を選ぶか、ごく少量の色を使うだけにした方が良いです。

描き方

①眉の下部輪郭を眉頭側から眉尻下部につなげるように描いていきます。

②そのまま眉の上部の輪郭部分までぼかしていきます。
この時、毛の流れに沿って上部輪郭まで少しづつ足すように描いてください。
描き終わった時点で、もし毛が生えていない部分や密度が薄い部分があれば、
再度上から重ね付けしてください。

輪郭部分はぼかし気味にして下さい。

3:眉頭5ミリ

この部分は眉の存在感を出来るだけ無くしたい部分なので、明るいベージュ
アイボリーなどの明るい色がお勧めの色です。

描き方

①明るい色の眉パウダーをブラシにとり、眉頭の毛流れに沿って下から
に向かって梳かすようにつけてください。

この時ブラシに力を入れ過ぎるとムラについてしまうので、力を抜き
ながらサッサッと軽い感じでつけるのがコツです。

眉頭の輪郭部はブラシに残ったシャドーでぼかし込んでください。

ブラシでぼかすのが苦手な方は、綿棒を使って軽くなぞるように
ぼかしてください。

4:まとめ

いかがでしたか?

眉メイクは基本的に必要な場所には濃い色を、必要でない場所には明るい色
をつけるなど、色を使い分けるのが重要です。

大まかに言うと、眉頭→明るめ、眉中→中間色、眉尻→暗めにすることで、
眉自体にも立体感や透明感がでてくるのでお勧めです。

(関連記事)

*たったこれだけ!!眉メイク上達3つのカギ

*眉メイクを成功させる秘訣はツールにあった!!

*メイクがあか抜けない原因はここにあった!!

では最後にまとめです。

1:眉山~眉尻

2:眉の中央部(眉山~眉頭から1センチ)

3:眉頭1センチ

それぞれのパーツを1つ1つ丁寧に描くことで、必ずあなた好みの眉に
仕上げることが出来るようになります。

是非お試しくださいね!!

おかげさまで好評をいただいている、

自分史上最高の美肌がつくれるようになる超美肌になるメイクレッスン

自分の魅力を2倍アップさせる魅力を2倍にするメイクレッスン

なども開催しています。

よろしければご覧ください。

また、自分にぴったりのレッスンをお探しでしたら選べる10のメイクレッスン

などもチェックしてみて下さいね。

(※コロナ対策も万全)
(※オンラインレッスンも可能)

 
超人気のアメブロこちらになります。

今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

ブログが面白かった!!役に立った!!という方は
フォローのほうも宜しくお願いします。

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。