*眉メイクを劇的に改善する3つのポイントとは?

Pocket

こんにちは、よういちです。

さて今回は眉メイクを劇的に改善する3つのポイントとは?
というタイトルでお伝えしていきたいと思います。

眉メイクがほんとうに苦手なので何とかしたい!!
いつも失敗ばかりで、顔が今ひとつ冴えない!!

というかたに向けて、その効果的な改善法やポイントを出来るだけ
分かりやすく、解説していきたいと思います。

まず、眉メイクが苦手な方に多いのが、一気に眉全体を描こうとする!!
というところです。

得意な方はそのやり方でも問題はありませんが、苦手な方がそれを
やってしまうと、全体的にバランスの悪い雑な仕上がりになって
しまいます、、。

そこで重要なのが、眉を3つのパーツに分けて完成させていく方法です!!

今まで何度も勉強してきたのに効果が全くない、、というかたは
必見ですよー。笑


目次

1:眉山~眉尻

2:眉の中央部(眉山~眉頭から1センチ)

3:眉頭1センチ

4:まとめ


1:眉山~眉尻

まずは、眉山~眉尻の部分を完成させましょう。

ここは眉の中で最もはっきりと描いてもよい部分です。
ここの部分に眉毛が無い方は、他の部分より暗めの色を選ぶよう
に意識してください。

①まず眉の下側の輪郭を眉山→眉尻に向かって描いていきます。
何度も何度も描き足すとラインがぼやけてしまうので、数回で
はっきりとしたラインを完成させるよう意識してください。

②そのまま眉の上側の輪郭に向かって毛流れに沿って描いてください。
色が足りない部分があるようでしたら、ブラシに色を取り、新たに
つけ足してください。

先ほどもお伝えしましたが、ここの部分は落ちやすいためハッキリと
描いた方が眉が無くなるのを防いでくれます。
また眉自体も美しく引き締まった印象に見えます。

3角形を意識して描いてみてくださいね。

2:眉の中央部(眉山~眉頭から1センチ)

ここは眉を3つに分けたときに真ん中に位置する部分です。

この場所は多くの方に言えることですが、眉毛が密集している部分です。
なので暗めの色を足してしまうと眉がたいへん濃く見えてしまう
ので、色味に関しては髪の毛の色に合わせるか、やや明るめにした
方がいいです。

①眉の下側の輪郭を眉頭側から1の眉尻下部の輪郭につなげる
ように描いていきます。

②そのまま眉の上部の輪郭部分までぼかしていきます。
描き終わった時点で、もし毛が生えていない部分や密度が薄い部分が
あれば、再度上から重ね付けしてください。

3:眉頭1センチ

この部分は眉の存在感を出来るだけ少なくしたい部分なので、
明るいベージュやオフホワイトなどがお勧めの色です。

①明るい眉パウダーをブラシにとり、眉頭の毛流れに沿って下から
上に向かって梳かすようにつけてください。

この時ブラシに力を入れ過ぎるとムラについてしまうので、力を抜き
ながらサッサッと軽い感じ
でつけるのがコツです。

眉頭の上側の輪郭も①で使ったブラシの残りで、なぞるようにぼかし
込んでください。
ブラシでぼかすのが苦手な方は、綿棒を使って軽くなぞるように
ぼかしてください。

眉メイクが苦手な方に向けたレッスンを行っています。
よろしければご覧ください。

印象がみるみる変わる!!2時間でわかる眉&ノーズメイク講座

4:まとめ

いかがでしたか?

眉メイクは下側の輪郭をはっきりと描くこと、眉頭をしっかりぼかし込む
のが重要だという事がお分かりになったかと思います。

色味に関しては、眉頭→明るめ、眉中→中間色、眉尻→暗めにすることで
眉自体にも立体感がでてくるのでお勧めです。

では最後にまとめです。

1:眉山~眉尻

2:眉の中央部(眉山~眉頭から1センチ)

3:眉頭1センチ

それぞれのパーツを1つ1つ丁寧に描くことで、必ずあなた好みの眉に
仕上げることが出来るようになります。

是非お試しくださいね!!

今回も最後までお付き合いいただきまして、大変うれしく思います。

ありがとうございます。

今回の記事が皆さんにとって何かのお役に立つきっかけとなれば、
幸いです。

ひらかわよういち

お手軽にメイクを学びたい方はブログで学ぶことが出来ます。
ブログで学ぶヘアメイクの裏技

お悩みに合わせて選べる10のメイク教室も行っております。
よろしければご覧くださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。