*メイクの上達に、メイクブラシって重要??

☆記事が面白かったらフォローをお願いします

こんにちは、よういちです。

さて今回は、メイクの上達にメイクブラシって重要??というタイトルで
お伝えしていきたいと思います。

皆さんは普段、メイクをするときにメイクブラシはお使いですか?

それとも使ってないですか?

なかには、
指で上手にメイク出来るのでそんなものは必要ない!!
なんて思っている方もいらっしゃるかもしれませんね、、、。笑

いきなり結論からお伝えしますと、

メイクブラシは”必要”です!!

ブラシを使うと使わないとでは、仕上がりに明らかな違いが
出てくるからです。

ではその内容をもう少し詳しくお伝えしていきます。


目次

1:なぜメイクブラシが必要なのか?

2:毛が柔らかいブラシと硬いブラシ、材質の違い

3:ブラシの形状や大きさの違い

4:まとめ


1:なぜメイクブラシが必要なのか?

メイクブラシは硬さや柔らかさ、大きさや形状などが様々で、何を使って良い
のかさっぱりわからない!!という方も多くいらっしゃるかもしれません。

そもそも何のためにブラシを使う必要があるのか?というと、ベースメイクや
パーツメイクをより美しく、高いオリティーに仕上げるためです。

指やチップ、綿棒、スポンジなど様々な補助ツールはありますが、顔のパーツに
合わせて考え抜かれたれたブラシは、最強のツールだといえます。

2:毛が柔らかいブラシと硬いブラシの違い

一言にメイクブラシと言っても触り心地は様々、、。

柔らかいブラシもあれば、硬いブラシもあります。

では何が違うのか?

その前に材質について簡単に触れておきたいと思います。

メイクブラシの材質は大きく分けると、天然毛人工毛に分かれます。

(天然毛)

*山羊やリスなど動物の毛を使った天然毛のブラシは、粉含みがとても良くて
 発色がとてもキレイ
です。

*お手入れの仕方を正しく行わないと、劣化しやすくなる。

*アレルギーなど肌トラブルをお持ちの方は注意が必要です。

*高級な山羊毛や灰リスの毛などは肌触りも良くとても柔らかいので、
 肌への刺激は少なめです。

*高額なものが多い

(人工毛)

*肌あたりが大変よくとても柔らかい

*アレルギーが心配な方も安心して使うことが出来る

お手入れが簡単で比較的丈夫

手ごろな価格のものが多い

どちらのブラシにも言えることですが、

柔らかいブラシはふんわりと薄くつきやすい傾向にあり、固いブラシは
はっきりと強く発色する傾向にあります。

同じ大きさで強度が異なるブラシを2本お持ちの場合は、発色などを
比べてみてください。

3:ブラシの形状や大きさの違い

メイクブラシには形状や大きさなど様々な種類があります。

まずは形状をパーツごとにまとめてみました。

(眉)
斜めにカットされた固めのブラシが多く、幅は約3~6ミリ程度。

シャープなラインからボカシ
まで眉メイクに関する様々な
作業が可能です。

(目)
先が丸くなっている幅が5ミリ~1センチ程度ものが多く、基本的には
肌への当たりがマイルドで、ぼかしグラデーションなどをつくるのに
最適なデザインです。

幅が5ミリほどで先が丸い小さなブラシは、目の際を引き締めたり
アイライナーとしての役目も果たし、細かい作業に向いています。

(チーク)
幅約2~3センチくらいで毛先が丸くなったブラシが多く、毛の当たり
がとてもスムーズで柔らかく、ふんわりとぼかす事に向いています。

ブラシの先の部分が丸く斜めにカットされているブラシは、ハイライト
シェード用としても使いやすいです。

(リップ)
平筆タイプでブラシ幅が3~5ミリ程度、先が細いポインティーなものから
角張ったものまでさまざまです。

角度を寝かせて使うことで、安定するような形状になっています。
表面がツルっとしていて弾力が強いです。

(ファンデーション)
ブラシのコシが強く固くフラットな形状のものが多いです。

肌にフィツトするような形状になっており、触り心地もとてもなめらか。
パウダー用は比較的柔らかめで、リキッドやクリーム用はやや硬めな傾向に
あります。

歯ブラシ状のブラシ
もあり、触り心地は他のリキッドブラシとほぼ同じ
ですが、力を入れずに顔全体に付けることが出来る形状になっているの
で、肌への刺激がとてもやさしいです。

他にもまだまだたくさんの種類がありますが、今回はごく一部だけ
ご紹介しました。

4:まとめ

いかがでしたか?

メイクブラシは付属の小さなブラシしか使ったことがない方が多いようですが、
きちんとしたブラシを使うことにより、仕上がりの良さが2倍にも3倍にもアップ
するかもしれません。

(関連記事)

*アイメイクはブラシで変わる!!目的別ブラシの選び方&使い方

*フェイスパウダーはベースメイク成功のカギ!!

では最後に”まとめ”です。

1:なぜメイクブラシが必要なのか?

2:毛が柔らかいブラシと硬いブラシ、材質の違い

3:ブラシの形状や大きさの違い

最近は人工毛のブラシセット(10本程度)がだいたい2000円~4000円
くらいで手にすることが出来ます。(安いですよね 笑)

しかもクオリティーもかなり良いです。

タクロン素材の人工毛はさらに素晴らしいです。

今回も最後までお付き合いただきまして、ありがとうございます。

おかげさまで好評をいただいている、

自分史上最高の美肌を導きだす超美肌になるメイクレッスン

自分の魅力を最大限アップさせる魅力を2倍にするメイクレッスン

なども開催しています。

よろしければチェックしてみて下さいね。

ブログでメイクを上達し、女子力をあげたい!!
という方は当サイトのお悩み解決ブログサイトマップもぜひご覧ください。

 
気になる記事が見つかるかもしれません!!

今回のブログが皆さんにとって役に立った!!面白かった!!

と感じていただけると、嬉しく思います。

宜しければお悩みのコメントもお待ちしております。

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。