*悪い顔色をメイクで即、改善する方法

Pocket

こんにちは、よういちです。

今回は”悪い顔色をメイクで即、改善する方法”というテーマでお伝え
していきたいと思います。

朝起きたときに顔色が優れない、、

顔全体がくすんでいる、、

なんていう経験はありませんか?

ゆっくりとお風呂に入る時間があれば顔色も改善されて血色も良く
健康的にみえるようになるかもしれませんが、忙しい朝はそうもいきません、。

そこで今回は、朝起きたときに顔色が良くないときの、メイクによる対処法
についてお伝えしていきたいと思います。

興味がある方はこのままお付き合いくださいね!!


目次

1:目回りを明るくする

2:小鼻の横を明るくする

3:口角を明るくする

4:まとめ


1:目回りを明るくする

顔色が悪いときは顔全体の血色が無い場合が多いですが、同時に
目回りがくすんでいる場合もかなり多いです。

私が思う顔の肌の印象を決めるのに最も需要なのが、目周りだと
思っています。

そこを明るくするだけで印象はガラリと変わります。

ではどのように明るくするのか??

通常のスキンケアを行った後に目回り(まぶた上下)にピンクの
コントロールカラー
をつけてください。

まず薄く伸ばして付き具合を見て、もう少し必要に感じたら、
さらに重ねてください。

最初からたくさんつけてしまうとメイクがよれたり、目の中に
入ってしまったりするので、必ず重ね付けするように
して下さい。

ピンクのコントロールカラーは血色を良くしたり、くすみ改善
には最適なんです。

2:小鼻の横を明るくする

小鼻の横は顔の中心部に近いため、くすんでいたり色素が沈着
していたりすると、顔色が悪く見えてしまいます。

こちらもお勧めの方法は、先ほど1で使ったピンクのコントロール
カラー
を使用してください。

ではどのようにつけ付けるのか?

つけ方は、ほんの少量を小鼻の横に点状に置き、そのまま上から
ポンポンと馴染ませるだけです。

この時に注意点があります。

*たくさんつけ過ぎないで少量だけ使用

*馴染ませるときは広げずにピンポイントで行う

*小鼻の溝に出来るだけ入らないように注意

以上になります。

分かりやすく言うと、広げずにピンポイントでつけるということです。

3:口角を明るくする

口角なんて顔色に関係あるの??
と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、口角がくすんで
いると顔色も沈んで見えます。

実際にご自分で口角を明るくするとどのように違うのかを実験
してみるとよく理解が出来ると思います。

付け方はほんの少量を下唇の口角に置き、ポンポンと馴染ませるだけ。

この時も広げ過ぎないように注意してください。

ときどき口周り全体に付ける方がいらっしゃいますが、
その必要はありません。

口角部が特にくすんでいるからです。

口角だけピンポイントに付ける方がより効果的なんです。

4:まとめ

いかがでしたか?

色のついた下地であるコントロールカラーは用途に合わせて様々な
色がありますが、今回お伝えしたピンクは顔色の改善や血色感、
透明感
を出したいときにおすすめです。

後はチークカラーを少しだけ足すと、より顔色が良くなります。

では今回の”まとめ”になります。

1:目回りを明るくする

2:小鼻の横を明るくする

3:口角を明るくする

今回も最後までお付き合いただきまして、ありがとうございます。

お悩みに合った、
選べる10のメイクレッスンを行っております

別サイトで
ブログで学ぶヘアやメイクの裏技も発信してます。

よろしければご覧くださいね。

今回のブログが皆さんにとってお役に立てると嬉しく思います。

それではまた~

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。