*リップの形でなりたい自分を演出する方法

☆記事が面白かったらフォローをお願いします

こんにちは、よういちです。

今回は”リップの形でなりたい自分を演出する方法”というタイトルで
お伝えしていきたいと思います。

通常は眉の形やアイメイクよって自分のイメージを変える!!
という方が多いと思いますが、実はリップメイクによっても印象がガラリと
変わることをご存じでしたか?

今回はリップラインを変えるだけで簡単にイメージを変化させる
ことができますよ~という内容になっています。

これから基本的な3つのパターンをご紹介しますので、興味がある方は
このまま読み進んでくださいね。

とてもシンプルで簡単です。笑


目次

*オーバーリップライン

*インカーブライン

*ストレートライン

*まとめ


*オーバーリップライン

セクシーに見せたいときや若々しく見せたいときに最もお勧めなのが、
ややアウトカーブ(外側に向かってカーブ)のオーバーリップラインです。

実際の唇よりも1mmほど外側にラインを描くことで、実際のリップ
ラインよりもボリューミーに見えるので、ちょっぴりセクシー若々しい
印象を与えることが出来ます。

注意点は上唇下唇ともに、中央の山のラインは元の唇の輪郭どおりに描く!!
ということです。

こうすることでオーバーリップに描いてもやり過ぎ感がなく、程よい
ボリューム感
をつくることが出来ます。

※唇がかなり薄くてお悩みのかたは、中央の山のラインもオーバーに描いてください

それと、
口角部分にライナーやリップカラーをまったく付けない方がいらっしゃい
ますが、笑ったときに上と下の唇がつながっていないので何となく締まり
がない口元に見えてしまいます。

口角も上下の唇を繋いでややオーバーに描くのを忘れないようにして下さい。

*インカーブライン

オーバーリップラインの逆で、実際の唇よりもやや内側にラインを描く
のがインカーブライン(唇側に凹んだライン)です。

優しくピュアでナチュラルな印象を与えます。

下唇のラインはやや丸みを持たせるのがポイント。

また、元の輪郭をコンシーラーで目立たなくさせると、より美しい
仕上がりになります。

唇が薄い方はやや内側ではなく、実際の唇の形に添ってインカーブを
描くようにして下さい。

最近の傾向としてはこのパターンのリップラインが、いちばん多い
のではないでしょうか。

*ストレートライン

仕事や面接など、きちんと感好印象を演出したいときにぴったり
のリップラインです。

仕事上責任がある立場や指導する立場にある人などに特におすすめです。

描くときは上唇の山から口角までを直線的に結ぶだけなので、とても簡単に
きちんとした印象をつくることができます。

また上唇の中央部は山をはっきりと描くことで、よりしっかりとした信頼
できる印象、またはシャープな印象になります。

ストレート感をあまり強く出したくない方は、付け終わった後にティッ
シュで軽く押さえると、いっきに肌なじみの良いナチュラルでストレート
なリップに仕上がります。

*まとめ

いかがでしたか?

リップラインの基本的な形は上記の3つになりますが、これを基本パターン
として他にも様々なラインがあります。

自分本来の唇のかたちを無視することなく上手に生かすことで、自分
だけのオリジナルなオンリーワンのリップラインを生み出すことが
出来ます。

では今回のまとめになります。

*オーバーリップライン

*インカーブライン

*ストレートライン

オーバーリップラインとインカーブラインはどちらかと言えば対極になり
ますが、唇中央の山の部分の厚みは同じです。

ラインが丸いと女性的で繊細、フェミニン、セクシー、可憐な印象です。

直線的だとシャープ、しっかりした印象、落ち着いた印象、気が強いマス
キュラン
な印象になります。

(関連記事)

今回も最後までお付き合いただきまして、ありがとうございます。

おかげさまで好評をいただいている、

自分史上見たこともない美肌を導きだす超美肌になるメイクレッスン

自分の魅力を最大限アップさせる魅力を2倍にするメイクレッスン

なども開催しています。

よろしければチェックしてみて下さいね。

ブログでメイクを上達し、女子力をあげたい!!
という方は当サイトのお悩み解決ブログサイトマップもぜひご覧ください。

 
気になる記事が見つかるかもしれません!!

今回のブログが皆さんにとって役に立った!!面白かった!!

と感じていただけると、嬉しく思います。

宜しければお悩みのコメントもお待ちしております。

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。