*5歳若く見えるメイク法!!(コンシーラー編)

Pocket

こんにちは、よういちです。

今回は”5歳若く見えるメイク法!!(コンシーラー編)”と題しまして、

コンシーラーを使って若く見える方法を、皆さんとシェアしていきたいと思います。

メイクレッスンを行っていてよく耳にするのが、”コンシーラーは苦手”という意見。

確かにコンシーラーは使い方を間違えると厚塗り感やヨレが出やすく、お直し
するのも大変なアイテムです。

ただ使い方を正しく行うと、最強のベースメイクアイテムへと変化します。

なぜなら老け顔に見える顔の粗を、きれいに消し去ってくれるからです!!

今回はコンシーラーの効果的な使い方を分かりやすく解説し、若々しく見える
方法をお伝えしていきます。


目次

①クマ用とシミ用を使い分ける

②シミカバーにはやや暗めの色を使う

③たるみやくすみが気になる部分にはこれ

④まとめ


①クマ用とシミ用を使い分ける

若々しく見せるのにとても重要なのが、肌の粗を厚塗り感なく上手に
隠す事
!!

まずどこをカバーしたいのかによって、コンシーラーも使い分けが必要になります。

例えば目の下のクマにはリキッド状、またはクリーム状がお勧めです。

目の周りは、いろいろな表情をする際にシワになりやすい部位であるため、
この部分に固いスティック状のコンシーラーを使ってしまうと、シワの
あいだに固いコンシーラーが入り込んでしまうため、シワが2倍目立って
しまいます。

逆にシミや肝斑、ソバカスなどのカバーには練り状やスティック状
お勧めです。

リキッド系やクリーム系は薄付きで伸びが良いので、目回りなどの
動きが多い部分にはとても良いのですが、シミや肝斑などのカバー
には力不足に感じます。

詳しく知りたい方は以下のブログをご覧ください。
顔のシミソバカスが無かったことに!!驚きのコンシーラー術

動きの多い目元などは、やや薄めのリキッド状かクリーム状
しっかりカバーは練り状やスティック状と覚えておいてください。

②シミカバーにはやや暗めの色を使う

コンシーラーはファンデーションの後に使うのが基本となってます。

濃いシミの場合は、ファンデーション後もカバーできずに残っている
ことがほとんどだと思いますが、ファンデーションで何とかカバーしよう!!
とは思わないでください。

コンシーラーでカバーしていきます。

コンシーラーでシミをカバーする際に注意するべき大事な点が、
色の選択です。

シミを消そうと、ついつい明るめの色を使いたくなる気持ちはよくわかり
ますが、これはぜったいに止めてください。

白浮きをしてしまい、とても不自然な仕上がりになってしまうからです。
しかも明るいコンシーラーではシミを消すことがとても難しくなって
しまいます。

ではどうすればいいのか?

肌の色よりやや暗めのコンシーラーを使うことで、とても自然にカバーする
ことができます。

※シミ隠しには明るいコンシーラーより濃いめのコンシーラーのほうが断然
カバー力があるのです。

1度カバーしたくらいではシミがうまく隠せない!!というときは、
再度上から重ね付けしてください。

気になる部分だけピンポイントで重ねるのがコツです。

完璧を望まず多少のシミ感が残るくらいの方が、私個人としては
若々しく見えて丁度良いと思います。笑

③たるみやくすみが気になる部分

シミやクマ以外にたるみくすみなどの影には、ピンポイントで
カラーコンシーラーを重ねてください。

カラーコンシーラーはピンク、イエロー、オレンジ、グリーンなどがあり、
使った感じはコントロールカラーとコンシーラーのハイブリッドという
感じです。

比較的薄付きのものが多くヨレも少ないので、とても使いやすくお勧めです。

つける場所は、上まぶたのくぼみ、小鼻の脇からほうれい線上部、口角の
くすみ部分などが効果的ですが、ハイライトとして鼻筋や頬上部、眉骨、
あごなどに付けることも出来ます。

④まとめ

いかがでしたか?

今までコンシーラーを1種類で済ませていた方は、場所や用途にあわせて
使い分けることをお試しください、厚塗り感のない若々しい肌に導いて
くれます。

今回の”まとめ”になります。

①クマ用とシミ用を使い分ける

②シミカバーにはやや暗めの色を使う

③たるみやくすみが気になる部分にはこれ

それからコンシーラーをつけるときは指でつけるかたが圧倒的に多い
と思います。

私自身もヘアメイクの仕事を始めたころはコンシーラーをでつけて
ましたが、途中で気づいたことがあります。

それは、
指よりもブラシのほうがきれいに仕上がる!!

ということ。

使うブラシの形状は平筆タイプがベストです。

なぜか、、

平筆タイプは平たい面を使ってペタペタとパッティングしながら
肌表面につけることが出来るため、肌への定着性がものすごく
良い
という点です。

指だとどうしても付き方にムラが発生する感じが否めません。

重ねて言いますが、くれぐれもつけ過ぎ

には注意してくださいね!!

(関連記事)

ミネラルファンデは肌に優しいのか?使い方、注意点は?

メイクのプロが教える、自分に合ったファンデの選びかた

今回も最後まで読んでいただきまして

ありがとうございます。

おかげさまで評判の、

肌で他に差がつく超美肌になるメイクレッスン

魅力度がみるみるアップする魅力を2倍にするメイクレッスン

を開催しています。

よろしければチェックしてみて下さい。

ブログでヘアやメイクの事を学び、女子力をもっとあげたい!!
というかたは別サイトのメイクのお悩み解決ブログをご覧ください。

このブログが皆さんにとって何かのお役に立てると嬉しく思います。

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。