*フェイスパウダーはベースメイク成功のカギ!!

こんにちは、ヘアメイククリエイターひらかわよういちです。

今回は、フェイスパウダーはベースメイク成功のカギ!!というテーマでお伝えして
いきたいと思います。

フェイスパウダーとは何か?を知らない方はほとんどいらっしゃらないと思いますが、
”万が一知らない”という方のために簡単に説明しますと、ファンデーションの後に
付ける粉状のアイテムで、汗や皮脂からファンデの崩れを守り、モチを良くする
アイテムです。

ときどきフェイスパウダーは一切使わない!!という方がいらっしゃいます。

とても残念に思います、、。

じつはフェイスパウダーは、美肌をつくるベースメイクには欠かせないアイテム
だからです!!

ではなぜ欠かせないのか?

いったいどのような効果があるのか?

簡単ですがまとめてみましたので、興味がある方はそのまま読み進んでくださいね。

目からウロコの情報になるかもしれません。笑


目次(このような事が分かるようになります)

*フェイスパウダーの種類、目的

*フェイスパウダーの使い方

*まとめ


*フェイスパウダーの種類、目的

じつはフェイスパウダーはファンデーションの1種だということをご存じでしたか?

ファンデーションには様々な種類がありますが、アイテムによって油分の量
が違います。

多い順番にならべるとコンシーラー > クリームファンデーション > リキッド
ファンデーション > パウダーファンデーション > フェイスパウダーの順になります。

油分が多い程しっとりとした質感になり、少ない程粉っぽい質感になります。

その中でもフェイスパウダーはもっとも油分が少なく、サラサラの質感です。

フェイスパウダーは大きく分けて2つの種類に分かれます。

ルーセントパウダーとプレストパウダーです。

ルーセントパウダー

粉状でサラサラとしたパウダーのことです。

通常はリキッドファンデーションやクリームファンデの上から重ねて使います。

肌をサラサラに仕上げるというよりも、ふんわりとヴェールをかけたような質感
に仕上げることができ、透明感もアップします。

夏場など、べたつきや肌ざわりが気になる方は、サラサラに仕上がるプレストタイプ
がお勧めです。

通常コンテナ状のケースに入っているため、外出時にはやや使いにくい場合も
ありますが、それでも持っておきたい1品です。

 

※このコスメデコルテのルーセントパウダーは、肌に溶け込むようなすべすべの
感触で、毛穴の目立たない肌に仕上がります。

ルーセントパウダーならではの薄く軽い質感の膜でテカリも防ぎ、素肌がもともと
キレイなのでは?
と思わせるような透明感のある肌に仕上がります。

プレストパウダー

粉状のパウダー(ルーセントタイプ)に圧力を加えて固形にしたパウダーです。

ルーセントパウダーに比べてさらに油分が少なく、よりサラサラ感が増した
印象です。

コンパクトに入っているため、携帯にも便利で化粧直しにもピッタリです。

ルーセント同様、リキッドやクリームファンデの仕上げに使ったり、テカリ防止
などの目的で使われることが多いです。

またパンダ目になりやすい方は、目の際にプレストパウダーをつけることで、
強力にパンダ目を防いでくれます。

乾燥肌の方や季節による乾燥がひどい方は、ルーセントタイプがお勧めです。

 

※このRMKプレストパウダーはメイク直しのたびに肌にとけ込むように密着し、
シルクのような質感に仕上げてくれます。

また光沢感を生み出す特殊パウダーが、気になる凹凸も均一にカバーしてくれます。

*フェイスパウダーの使い方

ルーセントパウダーやプレストパウダーのどちらを使用する場合も、使うツール
は2つしかありません。

1:パフ

2:ブラシ

パフとブラシでは仕上がりに違いが出てきます。
貴女がどのような肌質になりたいかによって、使うツールが変わってきます。

パフを使用した場合はどちらかと言えば、マット~セミマットな肌。
ブラシ透明感やツヤ感のある仕上がりになります。

ではそれぞれの使い方を説明していきたいと思います。

パフの使い方

①フェイスパウダーをパフに取る。

②パフを半分に折り、パウダーをもみ込むように馴染ませる。。

③パウダーがパフの内部にしっかりと入り込んだのを確認する。

④顔の輪郭(外側)からポンポン叩きながら顔の中心部に向かって付けていく。

⑤顔の中心部の目周りや鼻周りなど凸凹とした細かい部分は、パフを半分に折ってコンパクトにつけていく。

 
 
 
 

ブラシの使い方

①ブラシでお粉をとる。

②ブラシをトントンとかるく叩き、余分な粉を落とす。

③顔の輪郭側から顔に中心部にむかって、クルクル回転させながら付けていく。

④目周りや鼻周りなどの細かな凸凹部分は、小さめのブラシに持ち替えてつける。

パフとブラシ付けのどちらにも言えることですが、

※顔の輪郭側から中心にむかってつける

※顔の凸凹部分はコンパクトにていねいにつける

というのが重要なポイントになります。

これを実践することで、
肌を乾燥に招いたりマットになり過ぎるのを防いでくれるので、程よい
マット感やツヤ感を自分で調節しながらつけることが出来ます!!

*まとめ

いかがでしたか?

今まで、

パウダーはまったく使わなかった、、
適当に何となくつけていた、、

という方は、フェイスパウダーがいかに重要なアイテムなのかをお分かり
いただけると嬉しく思います。

(関連記事)

超簡単!!ファンデーションを使わずに美肌を手に入れる方法

コンシーラーを味方に付けて、美肌を手に入れる方法

クッションファンデの効果的な使い方と選び方!!

では今回の”まとめ”になります。(クリックすると内容に飛びます)

*フェイスパウダーの種類、目的

*フェイスパウダーの使い方

ぜひ参考にしてみてくださいね。

おかげさまで好評をいただいている、

自分史上最高の美肌を導きだす超美肌になるメイクレッスン

自分の魅力を2倍アップさせる魅力を2倍にするメイクレッスン

なども開催しています。

よろしければチェックしてみて下さいね。

 

また、自分にぴったりのレッスンをお探しでしたら選べる10のメイクレッスン

などもチェックしてみて下さいね。

(※コロナ対策も万全)
(※オンラインレッスンも可能)

 
超人気のアメブロこちらになります。

今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

ブログが面白かった!!役に立った!!という方は
フォローのほうも宜しくお願いします。

ひらかわよういち

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。